新着Pick
355Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
復活は厳しいだろうという大方の予想を裏切って欲しいですね。ハードからソフトやプロダクトからデータといった単純な話では確かに再生は考えにくいと思います。まず語られていないのが、起きているであろう壮絶なコストカット。業績からも明らかであるが、ある程度の水準を売上高でキープ出来ているのでコスト体質の改善が急務のはず。その中、次への投資を見極めなければいけない試練の時。

ブランドを活用して優秀な人材を取り込んでいる実態は可能性を感じさせます。グローバル市場である自動車は、海外のナビメーカーは一様に苦しい立ち位置に置かれているので、ブランド名を出さないOEMメーカーとなった時点で価格制御も出来ず衰退の一途を辿るでしょう。それまでの短期間の勝負。

iphoneを繋げるだけでiOSで動かせるサービス(なぜか今は日本市場は使えない)は脅威。高速にいるか下の道路かという高低差の把握など細かな差分はすぐ修正されてしまうのではないだろうか。そうなると勝ち筋は、CASEの進化に合わせてタイミングよくハマるサービス。決め打ちではなく、幅広い選択肢が出る企業風土をリストラの中にて築くのが大事であり、これと思ったものに積極投資。難しい綱渡りであることは間違いないものの、日本の製造業復活モデルの一つになってほしいと願う。
パイオニアと言えば1970年代にNY市場に上場し、その後もレーザーディスクなど画期的な技術を生み出す会社だったのに、いつの間にか凋落してしまったのはなぜだったんだろうとずっと思っていました。
矢原社長が(そして昨日までKBSのセミナーにリモート参加してくださったHBSのフェリックス先生も)指摘されているように、当初ハードで、そして今は圧倒的にサービス(Apple store)で儲けているiPhoneのように「補完的」かつ「相互強化的」なビジネスモデルを構築できるかが復活のカギですね。
パイオニア、再建なるか。
Appleについての言及があるが、パイオニアとAppleは歴史が重なるところがあり、世界で初めて(多分)全面タッチの携帯を出したのはパイオニア。また90年代のAppleが経営危機で迷走していた時期に、Mac OSを利用したライセンス生産をしていた(パイオニアぐらいだったのではないかと思う)。

あと、週末に日経でも下記記事があった。一般論としては「若手経営陣」と言ってよいと思う。もちろん決して簡単ではないが、他社で経験を積んで、過去にしがらみがない意思決定者は、改革には重要だと思う。

【パイオニア改革に挑む三銃士、データ事業に活路】
https://newspicks.com/news/6025122
パイオニアの舵取りは恐ろしく難しいだろう。
アルプスアルパインやJVCケンウッドも同様に縮小する市場、激化する競争で難しい局面。ハードウェアや部品という逃げ道が無ければソフトウェアやサービスということにはなるが、会社全体の比率を大きく変えようとなれば、課題になるのは現状のハードウェア人員をどうやってサービスやソフトウェアに対応させていくのかというところになるだろう。
Car Playでは誤差に応えきれないと思っているのはこの記事では印象的ですが、何十年も埋められない差なのか?というと微妙なところではないでしょうか。少なくとも、iPhoneの地図アプリではそこまで大きなナビミスも無いわけで…
GAFAのソフトウェアが充実する前にパイオニアのソフトウェアが市場のポジションを取れるかどうかが鍵になるかなと思います。
GAFAも車(ハード)とソフトを両方出して市場のシェアを取ってくると思うので短期間でなんとか道筋を示せると良いなと思います。
ハードからサービス化、そのためにはデータ」。日本の製造業でよく聞かれるストーリーではないでしょうか?まるでデータは蓄積さえすれば新たな価値を生み出して行くとでも・・・。誤解です。データから価値を生み出すためにはサービス設計のための深いビジネスインサイトが必要で、このインタビューには見当たりませんでした。みんなAppleにはなりたいさ!

「社内アプリケーションは作り込みが必要、Google Mapでは田んぼの畦道に案内されてしまう」これってイノベーションのジレンマじゃないでしょうか?パイオニアのカーナビが優れているところはありますが、実際のところGoogle Mapはかなりいい線いっていて、ほとんどの場面で問題ないです(確かに変なところに連れて行かれた経験はあるw)。私は自分の車に乗っているパイオニアのカーナビは使わなくなりました。一番大きな理由は地図のアップデートに多大な手間がかかるため、3回目の車検を迎えた自分の車においては使い物にならなくなりました。このように、今までの技術の強みの細かいところを追求していたらそもそも戦いの土俵が変わっていたというところにいる、プラズマテレビがLCDに取って代わられたときと似たことのように感じました。

会社のアイデンティティー(創業者は日本で初めて国産スピーカーを作った)でもあったオーディオにおいては世界トップの技術力を持っていていたのに、戦略的な投資をできずに死に事業となったのはとても残念。ホームステレオからモバイルオーディオへの変化に全くついていけなかった。今でも子会社のTADは、真に世界レベルの技術力のオーディオメーカーだが、これもじきに売り飛ばされてしまうのだろう。
オーディオ好きの私は大好きな会社だから、心から復活してほしい。
矢原さんは元々は外から頭で考える人。
事業そのものにハンズオンして、魂を注ぎタイプではない。

だから、恐らく視界にあるのは十数年先の会社のワクワクする未来ではなく、IPOや事業売却を見据えた数年先の現実的な話ではないか?

自動車分野の優位性を謳うのは、その時間軸だからではないか?と思ってしまう。
三銃士といわれるDX/データ系に精通したメンバーも加入されてますから、大変に期待しております。

外部人材登用の柔軟性があることが素晴らしいですね。
既にカーナビは過去のものになってきました。スマホと車のディスプレイが接続できればカーナビは要らない。あえて言うなら、ジャイロの機能だけ。それもきっとできるようになるし、必要だと思っている人は少ないのでは・・・カーオーディオも全く同じ変化です。

問題は事業ドメインをどのようにシフトしていくか。それがサービスと言われても、何のサービスがターゲットなのか、それが同社の強みを活かしたもの、あるいは未発表の知財などがあるのかなど、新しいマーケットを開拓できるのかどうかが分かりません。

まずは営業利益も回復して、当座のキャッシュを創出できる基盤は安定方向なのかもしれません。その期間を次のストーリー作りの投資期間として、大胆に変革してほしいものです。
「我々が蓄積したいデータは、地図データのような「静的」なものではなく、その上に蓄積されるモビリティデータ、つまり「動的」なものです。」

インクリメント・ピーの売却を聞いた時はかなり疑問を感じたが、今後の事業戦略、データ戦略から考えると、非コアの位置付けであると。
この連載について
ビジネスの話題に関するNewsPicksオリジナルのインタビューやレポート
パイオニア株式会社(英語: Pioneer Corporation)は、東京都文京区に本社を置く、カーナビゲーションシステム、カーオーディオなど車載機器に特化した電機メーカーである。祖業の音響機器事業は2014年にオンキヨー&パイオニア(現・オンキヨーホームエンターテイメント)へブランドを含めて分割譲渡している。 ウィキペディア

業績

Premiumを無料で体験
登録・ログイン