新着Pick
105Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
①確か月末バッチ処理に合わせてE通帳への切り替え処理を追加で行った結果、定期預金DBテーブルのインデックス領域がバーストして更新ができなくなり、それを察知したMINORI本体が取引をキャンセルさせるはずがなぜかカード咥えたATMごとぶち落としていったのが初回。

②外為のやつはストレージ障害起因で、溜まった処理終わらず。


どちらも正直、設計が良くない部分が一因と見ています。
月末バッチ処理に合わせてE通帳切り替え処理を加えたのはNGなのは当然として、ATMのやつはMINORIがフェールセーフに倒せてないですし、周知が遅すぎました。
ストレージ障害のやつは設計通りにフェールオーバーできてないという結果。
メガバンクさんなので正直運用だけでカバーできるほど処理が甘くないように思います。

あと報告書についてですが、組織論だと共通でわかりやすいので、メディアは取り上げがちなのだと思います。悪い言い方をすると、システムのことがわからないので取り上げないのではないでしょうか。
直接的原因はそこではないと思います。
同じ技術者として端的に申し上げるならば、MHRTご担当の知識不足だったのではないかと見ています。

自戒込めて、頑張っていきたいです。ミスは誰にでもあり得ますし。。
「MINORIに問題はなかった」と断言するメディアの報じ方に一石。
システムに完璧はないので、結局は回す人間側が真因だと思います

>「公表版」はむしろ障害に関するシステム面の問題が複数指摘しており、「別紙9」で「MINORIの総点検を実施する際に検討に値する事項」を指摘している内容を考慮すると、「要旨版」だけを読んでMINORIに問題はなかったと結論づけてしまう認識は不充分と考えられる。
株式会社みずほフィナンシャルグループ(英語: Mizuho Financial Group, Inc.、略称:MHFG)は、東京都千代田区に本社を置く日本の大手銀行持株会社である。日経平均株価およびTOPIX Core30、JPX日経インデックス400の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
3.98 兆円

業績