新着Pick
61Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
KOLや口コミの影響力からすれば中国のEC事情は他の国と比べものにならないほど強いです。それほど顧客は他の人の評価を最も大事にする傾向がありますが、そのため、デジタル上でブランドを認知させるための費用が非常にかかる感じです。ある程度認知度を持っている日本の大手企業ブランドなら色々火を付けやすいかもしれませんが、まだ知られていないブランドの場合だと相当の事前投資がないと結果を出しづらい市場でもあると思います。
少し前ですが、こちらの記事にコメントさせていただきました。
中国は大きな商戦、特に独身の日(10月〜11月)と京東の創業日である618(6月)に流通が偏りますが、この2大商戦への偏りは徐々に弱まっていくと予想しています。
主な理由は、
①ECプラットフォームの多様化の広がり
②参戦ブランドの生産や販売の不安定さ
③トラフィック創りの変化
④ブランド側の過剰販促による利益率の悪化
⑤消費者の商戦への飽き
などですが、参戦企業視点では2大商戦依存の流通づくりはある意味限界に近づいているとも言えます。
その観点でも、ブランド独自のファンを創るブランド経済圏の確立が重要であり、各企業の中国での戦い方もこの先さらにアップデートされていきます。
2015年少し前あたりから天猫や京東を中心に繰り広げられたきた中国EC市場も、この先5年〜10年で新たな展開を見せるでしょう。
その動向がどのように動いていくのか、改めて発信して参ります。
偽物やデータ改ざんなどによる企業、メディアへの不信が背景的要因、したがって「口コミ」が重要とありますが、中国市場は「口コミ」も改ざん、偽造だらけで、かつごまかし方の手口も巧妙です。
いいね数、シェア数、コメントからなにからすべてお金で、しかも安価に買えてしまうので、どれだけ口コミ数が増えたとしても、エンゲージメントが伸びているように見えても売上につながってない、という企業さんが多いのではないでしょうか?その場合は大体、エンゲージメントを偽造しているインフルエンサーを多用していることが多いです。

中国において「口コミ」は重要、これに異論はないですが、究極、コンバージョン(売上)以外はすべて信用できないと考えてプロモーションに取り組まれたほうが良いかなと思います。(ステマして売上までごまかしてくる代理店やインフルエンサーもいますが・・笑)
いつまでも口コミ数やエンゲージメントだけ追いかけてても売上は上がらないかなと。
株式会社資生堂(しせいどう、英語:Shiseido Company, Limited)は、化粧品の製造・販売を主な事業とする日本の企業である。化粧品の国内シェア第1位であり、世界シェアでは第5位となっている。 ウィキペディア
時価総額
3.14 兆円

業績

株式会社ファーストリテイリング(英語: Fast Retailing Co., Ltd.)は、株式会社ユニクロなどの衣料品会社を傘下にもつ持株会社である。東京証券取引所第一部上場。世界のカジュアルの企業の中での売り上げは第3位である。 ウィキペディア
時価総額
8.18 兆円

業績

Premiumを無料で体験
登録・ログイン