新着Pick

マンダムが拓く、男性用化粧品の未踏領域

東洋経済オンライン|新世代リーダーのためのビジネスサイト
33Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
化粧品というタイトルだけど内容はヘアケアと消臭。およびそのグローバル展開。
僕は化粧水とか乳液とかを手放せないような現代っ子なので、もっとバーティカルに発展していってほしいなと思います。
でもアジアへの水平展開は面白い。ベトナムとかでも富裕層は平気で1万円のコースを食べたりしているので(同席している僕が焦った)、しっかりと文化を作れば売れていくと思います。
例えばLGBTマーケット、と言った方が良い。なぜなら今更男性化粧品などとは3年遅い。未踏へのアプローチは評価するが、継続性をもたせるところを考えないと続かない。
↓の発想、発想を実現できるよう横串でグループ全体に指示が出せるようにしていることが素晴らしい、と考えます。

「それと、すべての仕事をアジア規模で発想しようとしている。どうしても本社サイドは、これは国内の仕事、これは海外と、固定観念的に分けてしまいがちだ。そうではなく、アジアで展開している以上、33億人を相手にしている意識で、その人たちに向けて発信していかなければならない。」
素敵なおじ様が増えるのは大歓迎ですわ。
株式会社マンダム(英語:Mandom Corporation)は、大阪府大阪市中央区十二軒町に本社を置く、日本の化粧品メーカーである。主に男性用整髪料やフェイシャルペーパーを中心とした男性用化粧品においてシェアは国内トップに位置する。主力ブランドはギャツビー。 ウィキペディア
時価総額
842 億円

業績