新着Pick

鉄道混雑率、首都圏「上位独占路線」が姿消す激変

東洋経済オンライン
コロナ禍によるテレワークの普及や外出自粛などの影響を受け、大幅に減った鉄道の通勤利用客数。国土交通省が7月9日に発表した2020年度の都市鉄道混雑率調査結果は、様変わりした「通勤ラッシュ」の姿を浮き彫りに…
50Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
一部が廃線から復活したことで話題のJR可部線が、むしろ昨年度よりも混雑率を大きく上げて4位、というところにちょっと驚きました。沿線住民の足として、がんばって頂きたいです。
帝国データバンクの調査によると、首都圏(1都3県:東京・神奈川・千葉・埼玉)外への本社移転も加速しているようです。年商規模の小さい企業がこの機に転入しているということもあり、転入超過の傾向自体は揺らいでいませんが、転出した企業数自体は東日本大震災時を上回り過去10年で最多とのこと。

首都圏・本社移転動向調査(2020 年)
https://www.tdb.co.jp/report/watching/press/pdf/p210410.pdf