新着Pick
285Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
3Dマップの作製と一口にいっても、もともとある地形や都市形状データベースの取得と整理をやるレイヤ、リアルタイムセンシングとその記述をするレイヤ、データのアーカイブ化やライブラリ化をするレイヤ、それぞれのデータからのセグメンテーションや置換を行うレイヤやそれらのシームレスな連携や統合を行うレイヤなど、必要な領域は多岐にわたる。この一つの買収で自動運転に必要なピースがそろう訳ではないし、むしろ方向が異なるピースを集めすぎてしまうと、結局個々の素材はいいけれど、全体として料理として成立しないということにもなりかねない。

積極的な動きを国際的に進める姿勢という点でWovenの動きはよさそうに見えるけれど、そうした全体の統合ビジョンがどれだけ見えた中で進めているのか次第なので、いい要素技術を買収しているから良いという訳でもない。国内でも類似領域への投資などもしている中、決め手を欠いて散弾銃を多方面に打っている状況に見えなくもない。

自動運転という領域を統合するだけでもとんでもなく大変なのに、運転領域だけで完結してしまってその先の都市への接続ができなくなっては長期的に立ち枯れる。その意味で、正解も生態系も見えない中で、非常にスケールの大きな綱渡りが求められる領域。参入のプレイヤーが非常に限られるのはこの難しさにある。日本では数少ないこの壁を突破する可能性を持つトヨタの先見性と統合力、どこまでこうした技術とビジョンを本当に内部化できるのかを注視したい。
自動車メーカー各社の中でも、トヨタの次世代車戦略のスピード感は群を抜いています。カフナーさんをリーダーに知恵と人脈で必要なピースを集めているように見えます。もちろんお金の裏付けがあることも大きいですね。

当面の成果物を早く目にしたいものです。
ウーブンプラネットはソフトウェアファーストを事業基盤に置くネクスト・トヨタとの位置付けだ。本体からスピンオフさせ、大胆に動く。キャピタルを傘下に持ち、人材と技術確保に向けてしがらみなく機動的な買収を発動できるところが強みだ。
自動運転に限らず、日本に大きな実験場を設けて世界の最先端の企業とコラボできる体制は強いと思います。多分野においてこのような動きを促進させ、世界中のスタートアップやイノベーターが日本に集まりたくなるようなストーリーをつくれたら魅力的な街が出来上がると思います。
自動運転の実用化に必要な技術やエンジニアを着実に獲得していっていますね。内製技術と「ケイレツ」取引を前提としていた親会社のアプローチとはかなり異なる。別会社だからこそできる経営手法で、その大胆なスピードとインパクトには期待が高まります。

この領域はあまり知見ありませんが、高精度な自動地図生成の技術が必要になってくるのは考えてみればたしかに。機械学習するにしてもデータの量と質が学習の精度に大きく反映される中で、このデータ元から抑えにいく。産業のコメではないですが、重要なピースをトヨタは手に入れたのかもしれないですね
Woven cityの何が強いって、トヨタ東富士工場の跡地である以上に最初の住民が同社社員・関係者という点。つまり、規制や行政を飛ばして自由に’大規模な実験’ができるということ。スマートシティという観点というよりかはこちらのラボ的意味の方が大きい気がします。
トヨタの首脳陣の一部が抱く、トヨタや自動車産業の未来に対する危機感が伝わってきます。この危機感は余りにも深刻で、もしかしたらグループや系列企業の人々にリアルに伝わらない方がいいかも知れないレベルだと思います。でも、目を背けてはいけない。自動車メーカーというものが根底から変わる入り口を我々は見ているのかもしれません。EV、サブスク、自動運転。自動車産業ではこのあたりですが、どの業種でも変われない企業は生き残れないですよね。
トヨタの採用する自動運転は『高精度の地図が要る』方式。
つまり、都市 → 高精度の地図 を作る。

一方ウーブンシティはその逆で、
地図 →(地図に対して)高精度の都市 を作る。

自動運転用に作った仮想の地図に寸分違わない都市を高い精度でつくるのだから、自動運転ができるのは当然。

他方、テスラのビジョン方式は、高精度の地図が不要。
どちらが良いのかは、まだわからない。
これは大事な技術獲得だと思います。現在のカーナビなどの地図精度のレベルでは、完全自動運転は実現できません。人の運転や歩行をサポートする目的であれば、数mの誤差、つまり道路の右端と左端くらいのズレは大きな問題にはなりませんが、完全自動運転となるとそうはいきません。
トヨタ自動車が、子会社ウーブン・プラネット・ホールディングスを通じ、自動運転車両のための道路情報解析を行う米カーメラを買収すると発表した。買収額は非公表だそう
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
32.7 兆円

業績

Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク、/æməzɒn/)は、ワシントン州シアトルに本拠地を置くアメリカの多国籍テクノロジー企業である。電子商取引、クラウドコンピューティング、デジタルストリーミング、人工知能に焦点を当てている。Google、Apple、マイクロソフト、Facebookと並ぶアメリカの情報技術産業のビッグファイブの一つである。 ウィキペディア
時価総額
194 兆円

業績

Apple Inc. (アップル)は、カリフォルニア州クパチーノに本社を置くアメリカ合衆国の多国籍テクノロジー企業である。デジタル家庭電化製品、ソフトウェア、オンラインサービスの開発・販売を行っている。 ウィキペディア
時価総額
267 兆円

業績

Premiumを無料で体験
登録・ログイン