新着Pick
504Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
最近の国内SaaS企業のバリュエーションのつき方を見ていると、40%成長以上の高成長路線か、安定成長+営業利益20%といった収益化路線、ないしは、バーティカルSaaSとしての将来性評価の3パターンです。

Sansanは今後も先行投資を続けていく姿勢ですので、そもそも利益を出す意思はないと思います。

記事中の“それでも足元の株価が軟調なのは、21年5月期に営業利益を伸ばせなかったことが大きい。”

というよりは、トップラインが高成長路線と見做されていないことの要因の方がバリュエーションに効いている気がします。

SansanのARRはfreeeの1.6倍あるので、成長率は30%水準に戻ってくれば再度評価され始める印象です。

Bill Oneは紙をデジタル化するオペレーションが得意なSansanの強みが活かされるプロダクトですが、まだARRは数億程度と見られ、成長を牽引するには時間がかかりそうです。

こちらの記事でも解説していますので、よろしければご覧ください。

https://www.itmedia.co.jp/business/spv/2107/15/news053_0.html
一回使い始めるとスイッチングコストが高い、というのは良くわかりますが、一方でそのスイッチングコストを負担してまでもSansanに乗り換えたい、と思わせる何かがSansanにあるのか、という点も自問自答すべきところでしょうか。

大塚商会など、他にも多数ある名刺管理アプリとの差別化をもっと鮮明にする、とか色々今後の戦略はありそうですね。
Zoominfoで言うcontributory networkのように、自社内だけでのデータ保存のバリューは限定的な一方で、外とどんどん連携させることでアップデートし、ネットワークエフェクトを効かせていく流れになりますよね。
https://www.zoominfo.com/b2b/faqs/data/how-does-zoominfo-get-my-info
>それでも足元の株価が軟調なのは、21年5月期に営業利益を伸ばせなかったことが大きい。

個人的には、営業利益が減益となったこと。売上の伸びが鈍化したこと。が大きな要因だと思います。そして今期ガイダンスの上限でも30%に未達です。相対的に見て、株として魅力がないので株価が他主要SaaSほど上がらない。人気投票なので。
2009年からリンクナレッジを利用し、Eightもリリース時から活用している身としてはもうすぐ1,000名規模の会社になることに驚いています!
 
会計や人事労務などと比べると、名刺は企業活動の幹とはストレートに言えない点も、タイトルにある「脱却」というワードチョイスになるんでしょうね。
これだけ解約率が高いSaaSは凄いですね。
スイッチングコストの高さという参入障壁もありますし、名刺情報を抑えられるとサービス展開の幅も多種多様
正直、ストックした情報の活用という方向でかなりの伸び代があると感じているので、今後の展開が楽しみです。
OCRに強みがあるので請求書読み取りとかも強そうですね。紙文化、印鑑文化からの脱却という観点で強みを出しやすい企業だと思います。まあそれだけでDXと言われるとちょっと寂しいですが…。
名刺管理=Sansan ではあるけれど、それ以上でもそれ以下でもないという評価なんでしょうね。
この連載について
今、知りたい注目のニュースの真相から全体像まで、やさしく徹底解説。プロピッカーや有識者による対談、オピニオン寄稿、直撃インタビューなどでお届けする、NewsPicks編集部のオリジナルニュース連載。

業績