新着Pick

ソニーが映像のプロを驚嘆させた超ド級技の迫力

東洋経済オンライン
モデルの女性が扉を開けると、その先には真っ青な地中海に浮かぶ船のデッキが広がる。別のシーンでは、同じく扉を開けるとイギリスの駅のホームにつながり、そこでモデルは生き生きと踊り出す。アパレルメーカー大…
90Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ゲームに活用されるUnreal EngineがCM撮影の現場にも活用されているとは驚きでした。しかし、たしかに最近のゲームは本当に実写とかわらないくらい美しい映像表現ができるので、リアル撮影の背景に活用できるのもわかるように思います。

鮮明に表現するディスプレイ技術×演者の動きを正確にトラッキングするセンサー技術×移動に合わせて移動する背景を表現するCG技術×撮影するカメラ技術、という感じの掛け算でしょうか。いずれにしても、多数の事業分野がうまく連携しないと実現できないように思いますので、SONYならではのアプローチかと思いますし、まさに「掛け算の経営」です。

多角化している総合電機メーカーが多い日本では、コングロマリット・ディスカウントが大きな課題になっていると思います。こういった形で事業間シナジーをわかりやすく表現していくがより一層必要になるのではないでしょうか。
数年前にSIE, Sony Interactive Entertainment,からリリースされた、”Detroit Become Human”、AIが自我に覚醒するゲームでしたが、世界観とシナリオもさる事ながら、映像がとてもリアルでした。

掛け算、非常にうまく活用されているのと、大衆が求めていることをどんどん仕掛ける、遊びのある演出。

ゲーム、映画、これらを家庭で楽しく、リアルに過ごす為にはハードであるテレビ、音響、ゲーム機本体の一体感(デザイン)のある程度の画一性も必要ですが、そのあたりもうまくこなしているので、大衆がまたついて来ているのと、映像においてもカメラも特に一眼のクオリティからも目が離せないですね。

個人的にはクルマのマーケット投入からも目が離せないですね。
映画で活用されている技術の転用ですね。自社の他のビジネスからの転用と、自社の得意技術の融合、まさにレバレッジの王道です。

そういった意味で、現時点だけみれば、SONYの事業ポートフォリオの良さを感じます。

エンターテイメント事業に対して逆風が強かった時代もありますが、それがあっての今ですね。時の経営判断の良さですね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
言葉だけでは全然わからないね。
一つ言えるのは、背景だけ差し替えても、太陽光や反射光、建物や人の影は別と再現する必要があるね。
いくら綺麗な映像でもリアルの情景とあまりにも異なり違和感があっては興醒めですが、「映像のクオリティーに関してベイクルーズの担当者は「バーチャル映像なのに、違和感がないことに驚いた」と舌を巻く」とのこと。
記事にもありますが、コロナ禍で撮影も思うようにできない中、重宝されそうです。