新着Pick
6Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
この中国の動きはデジタル社会のガバナンスの刷新(日本ではガバナンスイノベーションとして行っていること)の中国版として見るのがフェアなものの見方なのではないかと思う。デジタルプラットフォームをどのように統制するか、という問題意識のもと、中国の産業構造と行政機構を踏まえて行政官が構想を練ると、このような形に落ち着くのは自然なことではないかという気がする。
関連記事一覧
親中にあらず 本音は中国「大嫌い」のミャンマー 支配欲剥き出しでミャンマーに嫌われる習近平
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
7Picks

習近平政権は「クーデターのミャンマー」を支配下に置こうと企んでいる - いまこそ中国を強く牽制するべきだ
PRESIDENT Online:プレジデント社の総合情報サイト
5Picks

アジアモデルを壊した中国 「経済成長への新たな道」、習近平主席の主張が疑わしいワケ
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
3Picks

習近平、万事休すかとうとう日米豪印が「中国包囲網」へと動き始めた!
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
3Picks

創立100周年の中国共産党が今、急速に「習近平党」に変わりつつある
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
2Picks

習近平さえいなくなれば中国共産党は良くなるのか?
ニューズウィーク日本版
2Picks

NPIメールマガジン 「中国共産党百周年:習近平演説を読み解く」(研究本部長代行 川島真)
公益財団法人 中曽根康弘世界平和研究所
2Picks

震え上がる習近平…「台湾侵攻」狙う中国へ、アメリカの怒りが頂点に達した!(現代ビジネス)
Yahoo!ニュース
2Picks

中国・習近平国家主席 日米をけん制 “台湾”言及の共同声明念頭に
FNNプライムオンライン
2Picks

「バイデン・習近平」会談への準備か?──台湾問題で軟化するアメリカ
ニューズウィーク日本版
2Picks