新着Pick
67Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
希少性はさらに購買意欲をそそりますよね。
美味しいと言われたら一度は飲んでみたい。
その上手に入りにくいとなれば必要以上に買ってしまう。知り合いにもあげたいとか。

求める声がSNSを盛り上げてさらなる購買に。
そりゃ欲しくなりますよね。

でも、出発点はおいしさ。ここが大事ですよね。
売り切れでの話題性もそうですが、今回は既存商品との物理的な違いが明確で、それを誰もが享受できる状態だったのが非常に素晴らしいですね。ビール缶を開けて泡がぶくぶく上がってくることは他の缶では見たことがなかったことから、エンタメ的に1回買ってみるというユーザーも多かったはずです。
このビール缶を開けて泡が出てくる体験自体も珍しく、
一度はやってみたくなるというのもSNSなどとも相性が良くて設計が上手いですね。

SNSや口コミでは聞くけど、買えないという仕組みを作り出すマーケティングは、
最近だとチーズケーキやお酒のブランドで見ますが、ますます買いたい気持ちになりますね。
これは凄いことですね!安売り競争が常のビール業界で、価格が相場の倍で売られるケースがあるというのは近年見たことがないです。

需要と供給のバランスが取れていないのが原因ですが、それにしても中身は普通のスーパードライでも、そこに「缶の技術」と「泡」と「視覚的なインパクト」で付加価値を付けた点はアサヒビールは素晴らしいと思います。さすがです!私も発売当初、お店を探し回って買いましたしね!笑

早く生産が追い付いて、欲しいと思う全てのビールファンに届けてほしいと思います。問題はアサヒビールではなく製缶メーカーの供給量不足かな。
昨日コンビニでスペースができてましたが、当然ながら一本もありませんでした
何時になったら飲めることやら
マーケティングにもうこれ以上ないはない。
という事ですね。

実際飲んでそこまでの感動はなかったですが、
企業努力は凄く感じました。素晴らしいです。
教科書に出そうな事例だと思います。
「生ジョッキ缶」アサヒスーパードライファンとしては嬉しい限りです。食品の缶詰のように缶の上部全体が開らき、開けるとたちまちモコモコと白い泡が吹き出す。この発想が素晴らしい
#キャリアコンサルタント
アサヒビール株式会社(英語: Asahi Breweries, Ltd.)は、日本の大手ビールメーカーで、 アサヒグループホールディングス株式会社傘下の子会社である。 ウィキペディア