新着Pick
332Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
大企業が人員を募集すると数万件もの応募が殺到するのに、中小企業が募集してもさっぱり人が来ない。

転職仲介サービスは昔から存在している代表的なマッチングプラットフォームですが、大企業と中小企業の格差という根本問題を解決出来ずにきました。

ここにチャレンジしたのが今年6月に米ナスダックでIPOした企業「BOSS直聘」です。中小企業の人材不足という社会課題にアプローチすることで、IPOするなり、中国の転職仲介業界トップの時価総額を実現した――中国ジャーナリストの文飛翔さんはそう紹介しています。

なお、BOSS直聘は、配車アプリのディディと同じく、ネットワークセキュリティ審査を事由として、一時的に新規ユーザー登録の停止を申し渡されています。しかし、ディディとは異なり、アプリのダウンロード禁止などの措置はなく、株価への影響も限定的にとどまっています。

とはいえ、当局の審査を終え、いつ正常路線に回帰できるのかはまだ不明で、長引けばマーケットの信頼を失うことにもつながりかねません。
スピードをどう考えるか? 日本の大企業では出せないスピードを、こまわりを聞かせて、それを強みにしている海外のスタートアップ・中小企業。
人材の確保だけではなく、決定権者が明確であり責任を持ったアクションが取れる組織に商機はおとづれ流のではないだろうか?
AI駆使は、画期的で素晴らしいですね。いきなり社長とはインパクトありますが、正直社長としては、最終面接者のみをインタビューした方が、効率的なプロセスではありますので、どれほどワークしているか企業側の生の声を聞きたいところですね。

それから、まだ利益が出ていないということですが、マーケティング費用が売上の8割弱占めているのも、気になります。もちろんスタートアップですので、最初の過度のマーケティング投資は必須でしょうが、三年連続8割を占めるのは、バランス的に伸びしろはある気がします。
直接の責任者が最初の面接をする方が自分は良いと思っている。そして中小企業の場合は、それが経営者であることが多い。というのは、お互いに良いと思えるかは責任者が話す方が早くて、結局効率的だったり、ミスマッチも起きにくい。
ただ、責任者は忙しい。候補者も企業も一杯ある中で、会っても良い出会いにつながっていなければ、使われ続けない。それをAIが実現させているからトップに立っているのだろうし、どういう特徴があったり、どうやってそれを実現させているのかが気になった。
BOSS直聘という社名がサービス内容をそのまま表しています。ボスといきなり話ができる。これはおもしろい。スモールビジネスの採用には、有効ですね。

さらにそこにAIを活用して、マッチング。婚活サイトのようです。確かに就職もお見合いのようなもの。お互いが共感できてこそ、ハッピーになれます。
AIによるマッチングは精度の差はあれど、他もある程度やっていますよね。
気になるのはいきなり社長面談
確かに面白いですが、いきなり社長が面談できる仕組みは企業側の負荷がありそうです。
またスタートアップならともかく、いきなり社長面談ができる企業への魅力請求を求職者にどれだけできるのかが疑問です。

転職サービスは企業と求職者の2つのターゲットがいます。
少し前まではお金を払ってくれる企業側特化のサービスが多かったイメージ(某転職サイトの故意の情報流出もそうですよね)
ただ、最近は求職者側にフォーカスしているサービスが増えている印象です。そちらの方が優秀な人材は集まりやすい。
そのようなトレンド(あくまで日本の)とは逆行したサービスなので、今後の動きには注視したいです。
ビジネスモデル、ターゲッティング、AIによるユーザーエクスペリエンスなどはうまく差別化できている一方、大胆なマーケティング戦略は成功の要因と考えられます。
中国でのマーケティングは如何に重要なのか分かりやすい事例です。
(失敗の事例もたくさんありますが。。)
優秀で引く手数多な人材には、最初から社長なり担当役員が登場して企業の本気度を見せるのは、昔から定石だったりしますよね。
この連載について
中国などの世界最新ビジネストレンドを紹介する週間連載。独創性にこだわりすぎず、競合の長所はすぐ学ぶ。「Think Different(異端であれ)」より「Think Different, Later(やってから考える)」な事例を取り上げる。
Premiumを無料で体験
登録・ログイン