新着Pick
133Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
YouTubeショート動画はBitStarも今年の頭から活用してクリエイターもめちゃくちゃ伸びています。今後TikTokerのYouTuber化やYouTuberのショート動画活用はますます伸びていくかと思いますし、そこに対応した広告ソリューションやSNSアカウント運用が求められてくると思います。弊社でもその辺りの実績がでてきたので気になる方はお問い合わせください笑
YouTubeショート用のタブができましたよね。
まだまだ視聴数は少ない感覚ですが、短尺動画は盛り上がっていて、これからクリエイターの取り合いになりそうです。
これは注目だな〜 TikTokはクリエイターにとってのマネタイズが課題。ここを解決できる画期的な広告とか発明できると一気にきそう


YouTubeは「TikTok」のようなショート動画の撮影から編集、投稿まで可能な新機能「YouTube ショート」のベータ版について、日本でも順次公開。現時点でのグローバルでの再生回数は1日あたり65億回を超えている
短編動画とは、を考えるべきでしょうか。

YouTubeがショート動画を実装し日本でも提供開始を始めた、という記事です。

TikTokやインスタなど特定の短編動画が使える、使えないという縦割りの話ではなく、ユーザーが短編と長編の良さを知り、情報収集の仕方を使い分けるようになり、横割りが鮮明になったため、YouTubeも実装しただけだと思います。

つまり、ミート戦略の典型ですね。

私自身は短い時間で情報を収集したいため、YouTube大学のような30分以上の動画を1.5倍速で聞きますが、さすがに60秒ではまとまりませんので、やはり長編を閲覧します。

逆に要点だけを知れば楽しめるひろゆきさんの動画は、切り抜き1分~2分で十分満足できます。

ちょっとした店の紹介や動物系ネタは短編で十分です。

そして、すべにSNSごとに特性があり使い分けられています。

YouTubeのショートで何をどれだけ見るかは分かりませんが、一度覗いてみて他とあまり変わらないようであれば、動画はYouTube一本で済む方もいるかもしれません。

また、YouTube側からすれば、ショートがあまり上手くいかなくても、気にすることはないように感じます。

先行しているTikTok等からユーザーを奪う、今からYouTube以外のシュート動画へ流れるユーザーを足止めする、という視点に加え、今後もYouTube自体のユーザーは伸び続ける、と予測した場合、TikTokに対抗しているというより、必要に応じてミートさせているだけの話に着地します。

YouTuber系が面白い活用をするかもしれませんね。

▼まとめ
・YouTubeショートは、2020年9月に提供を開始
・最大60秒の正方形・縦動画を投稿できる動画サービス
・複数の動画をつなぎ合わせるマルチセグメントカメラ、楽曲を追加する機能のほか、速度の設定などが可能な動画制作ツールを提供

オリジナル性が高いですね。
小学5年の娘は、よくYoutubeでTiktokコンテンツのまとめ動画を見ています。

SNSはすぐパクられてまた出ての繰り返し、「いかにユーザーを飽きさせないか」が一つのポイント。
最近はTiktok見ずにβ版のYoutubeショートばっかり見てたから楽しみです。
Premiumを無料で体験
登録・ログイン