新着Pick
235Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
大変よくまとめられた真面目な記事だと思います。噛みしめるように読ませていただきました。この件は、技術経営では頻繁に話題になります。ファブレスと製造委託、さらにはオープン・イノベーションは同じグループで、これらは経営改善の切り札として、しばしばもてはやされているように思います。よく引用されるのがアップル社の事例です。推進論者によれば、「イノベーションを生み出す力があれば、工場は持たなくてもできる、むしろ持たないほうが柔軟、迅速、資産効率の良い経営ができる」と結論づけられます。こう聞かされると、良いことづくめなので真似をしたくなりますね。

日本のバブルが終わり、失われた10年と言われたころ、良き経営の説明に、ファブレスとスマイル・カーブがよく引用されていました。スマイル・カーブは、スマイル☺の口ように、バリューチェーンの最初(研究開発・企画)と最後(マーケティング・流通)の部分の付加価値が高く、真ん中(製造)の部分の付加価値は低いという理論です。1992年頃、Acerの創設者であるStan Shihが最初に提案したと言われています。

これを経営戦略とした企業で印象に残っているのは、ソニーとシャープです。東芝も家電などではかなり進めていたと思います。当時は(今も?)この経営手法への賞賛ムードがかなり強かったと思います。

逆にこれらの企業から、スマイルカーブの真ん中部分「付加価値を生まない製造工程」を一手に引き受けたのが、台湾の鴻海精密工業(フォックスコン)でした。多くの同工程を大量に引き受けることで、「規模の経済」を生み出し、経営危機に陥ったシャープやソニーを尻目に、世界有数の大企業に成長し、その後シャープ経営危機を救い、同社の親会社にもなりました。

ものづくりが得意だった日本がそれを捨ててまでファブレスに傾倒していく様は、滑稽に見えました。今は、少し逆戻りしたように思います。アップルとシャープの何が違っていたのでしょうか? おそらく企画戦略力の差が、良いファブレスと悪いファブレスの分かれ目になるのでしょう。

私は、企業戦略を本格的にウォッチングして高々25年ほどのキャリアしかありませんが、その間だけでも流行りは定期的に変化してきました。ブームだからといって、適合する条件を吟味せずに取り入れることは危険と感じます。
記事中に指摘のある下記。
>>「生産に関するノウハウがたまらない」「アイデアや技術の流出もあり得る」

・生産に関するノウハウや知見はドキュメント管理や、生産管理やエンジニアのエキスパートを雇い続けることで、ノウハウを保持することはできるだろう。(生産に関する特許を取得したりはできないだろうけど)

・アイデアや技術の流出、これはもう、厳しいNDAで縛るしかないだろうと思う。なので、法務が弱いと実はファブレスはうまくいかないのでは?とも思う。
ビジネス+ITに「監修」をさせていただいた



ファブレス企業とは?OEMと何が違う?アップル、キーエンスなど成功事例も解説



が掲載されました。

ファブレス企業とはどのような企業なのか、ファブレス経営のメリットとデメリット、ファウンドリ企業との違い、そして有名企業の事例について解説しています。

ご覧ください。
私の記憶では、キーエンスは完全なファブレスではなく、新商品や先端品の1割くらいは子会社のクレポ(クイックレスポンスの略)が担っていると思います。製造技術が確立したら提携先に依頼する流れだったかと。
変化の激しい時代には自前に拘らない外部連携が大事になります。そして、クロス特許(特許をお互い持ち合う)により新商品を共同開発するわけです。この関係をパートナーと呼び永続します。開発した製品を大量生産する段階に入ると、サプライヤーからの部品供給を受けてサプライチェーンを構築します。サプライヤーは入札で選ふので価格次第の厳しい世界です。日本企業が固執した自前主義はアナログが終わった昭和の時代に崩壊しています。
株式会社ファーストリテイリング(英語: Fast Retailing Co., Ltd.)は、株式会社ユニクロなどの衣料品会社を傘下にもつ持株会社である。東京証券取引所第一部上場。世界のカジュアルの企業の中での売り上げは第3位である。 ウィキペディア
時価総額
8.18 兆円

業績

株式会社キーエンス(英:KEYENCE CORPORATION)は、大阪府大阪市東淀川区東中島に本社を置く、自動制御機器(PLCと周辺機器)、計測機器、情報機器、光学顕微鏡・電子顕微鏡などの開発および製造販売を行う企業。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。海外売り上げ比率は50%を超える。現在、世界44カ国・200拠点で事業を展開。 ウィキペディア
時価総額
17.3 兆円

業績

Apple Inc. (アップル)は、カリフォルニア州クパチーノに本社を置くアメリカ合衆国の多国籍テクノロジー企業である。デジタル家庭電化製品、ソフトウェア、オンラインサービスの開発・販売を行っている。 ウィキペディア
時価総額
267 兆円

業績