新着Pick
20Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
Amazonは一足早く、人事評価や解雇をAIで自動判定するようになってしまった。投資家としてみれば、効率が良い、となるだろうが、被雇用者からすれば、ディストピア感が半端ない。いずれは配送・配達も自動化されると思うと・・・。

>>Amazon Flexアプリは世界で400万人がダウンロードし、米国だけでも290万人が使っている。
「AIが社員を採用し、仕事ぶりを評価し、解雇する社会が到来した」
配送ドライバーやコールセンターオペレータという定型業務とはいえ、AIで人事評価を自動化できること自体は恐るべき技術力です。ジョブ型雇用の究極の姿と言えなくもありません。

人事評価をAIが下す嫌悪感は根源的なものですが、一方で恣意的な人事評価される位ならAIに公正に評価して欲しいという意見も聞きます。

人事評価の基礎データを操作ログやセンサを通じて取得する流れは止まらない予感がします。テレワークが拡がればコミュニケーションやチーム貢献すらデータ化されるでしょう。その上で、何をもって人事評価するのが、社員と企業にとって有益なのか、改めて考えさせる記事です。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク、/æməzɒn/)は、ワシントン州シアトルに本拠地を置くアメリカの多国籍テクノロジー企業である。電子商取引、クラウドコンピューティング、デジタルストリーミング、人工知能に焦点を当てている。Google、Apple、マイクロソフト、Facebookと並ぶアメリカの情報技術産業のビッグファイブの一つである。 ウィキペディア
時価総額
188 兆円

業績

Premiumを無料で体験
登録・ログイン