新着Pick
153Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
スマートシティーを実現するために、①OS ②データ ③アーキテクトが重要とのこと。この中で一番、アーキテクトという存在が一番難しいのではないかという印象を受けました。記事によるとアーキテクトは、任期で交代してしまう行政のリーダーや研究が目的の大学の研究者はアーキテクトに相応しくないとあります。民間からの実力とその町へのコミットメントがある人と、うまくそれぞれの都市が出会えるのか。

ちなみに私が移住した栃木県の那須塩原市はスマートシティーとは異なりますが、あるエリアで「Shozoさん」というお洒落なカフェ経営者を中心にアーティスティックな若者やお店が集まり、町が活性化してきた事例があります。Shozoさんのような人でアーキテクトになり得るような人と、果たしてこの那須塩原市が今後出会えるのか、スマートシティーで成功した他都市から那須塩原市が学べるものがないのか個人的に気になっています。
わたしが意識している必須思考ですが、アーキテクチャに期待するのは、何を変えないか、を明確にすること。それにより どの様なロバスト性が、且つ成長を支えるフレキシビリティが備わるのか、が見えてくること。見えてきて、納得できて、ステークホルダーのコミュニケーションが整流化されることです。

「管理」というマジックワードで丸めてしまうと、このタイプのアーキテクチャはイメージできません。難しい。

アーキテクチャから漏らしたくないのが開発を支援する枠組み。
リアルとバーチャルを駆使した開発環境、トライアル・競争環境、そしてリアルドライブ環境により、成長の試行錯誤さえも 都市活動の形式知として蓄積・活用を促す視点です。

質量やルールが 強い制約として妨げになるリアルに固執することなく、縦横去来無尽なバーチャルフィールドと リアルフィールドを融合させ、サービスレベルを格段に上げることも期待できるようになります。
地域創生を考えるのに参考になる記事。スマートシティの実現には都会だけのお話ではなく、自分たちの街・地域の魅力を見極めることが大切と。
これまで以上に客観的に地域を評価・分析が必要になると。