新着Pick

通勤ラッシュに変化なく「電車は満員」…東京に4回目「緊急事態」

読売新聞
新型コロナウイルス感染拡大に伴う4回目の緊急事態宣言が12日、東京都に発令された。政府や都は出勤者の削減を目指しているが、都内の主要駅では初日の朝、宣言前とほぼ変わらない人出がみられた。 この日は沖縄県に対する緊急事態
129Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
一応都のHPでは「職場への出勤について、テレワークの活用や休暇取得の促進等により、出勤者数の7割削減を目指すことを要請」と書かれてはいます。
https://www.bousai.metro.tokyo.lg.jp/1007617/1014242.html

でもこの読売新聞の記事には要請については書かれていないし、都のHPでの記載はテキスト検索不可能な「パワポ画像貼り付け(代替テキストも無し)」。。。
緊急事態宣言という危機感を乱発したことが原因で、効力を失っています。

緊急事態宣言もしくは蔓延防止等重点措置が日常化してしまった現在は国民に対して政府、政治からの有効なメッセージが伝わらない状態です。

有効な対策を出せなかったことで政治への信頼が落ちたツケが回って来ました。

あとはワクチン接種が進むことでコロナが少しでも早く収束することを願うしかないですね。
昨年の1回目の緊急事態宣言の効力を100としたら、4回目の今回はどのくらいあるのでしょうか?
2桁いくのですかね。。
本日東京とは4回目の緊急事態宣言が発令されましたが、都内の主要駅ではこれまでとほぼ変わらない人出がみられたとのこと。
リモートワークを実施する企業も増えていますが、なかなか人では減らないようです。
何故か飲食店ばかり攻撃され、リモートワークが軽視されてる。
過去の3度の緊急事態宣言で判ったのは感染の拡大と収束は緊急事態宣言とは無関係に起こるという事

もう分科会と西村大臣が言う事は無視してさっさとワクチンを接種し元の日常に戻ったほうが良い