新着Pick

Amazon はなぜ、「自動運転」トラックに投資するのか?:理由は深刻な「ドライバー不足」

DIGIDAY[日本版]
Amazonは2021年6月末、自動運転トラックメーカーのプラス(Plus)に大金を投じる決意をした。プラスから自動運転トラック1000台を購入するほか、プラスの株式を20%取得するオプションを手に入れたのだ。これは、ここ数年の自律走行車分野におけるAmazonの注目すべき一連の投資の締めくくりだ。
8Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
記事にもあるとおり部分的な無人運転が先になるのでしょう(例えば高速道路のみ自動走行など)。トラックの運転には荷役もあるはずなのでそれも含めた自動運転は配送や受け渡し方法含めた変更が必要だと考えます。
"「無人運転は、遠い未来の話だと思う。規制環境がまだ整っていない」とエスパー教授はいう。しかし、その中間的な自動運転技術は、トラック会社の競争力を維持し、ドライバーに優しい労働環境をより短い期間で実現できる。"
街中の配送はRivianで、ミドルマイルの部分はPlusという棲み分けでしょうか。

(以下、記事中から引用)
Amazonは2021年6月末、自動運転トラックメーカーのプラス(Plus)に大金を投じる決意をした。プラスから自動運転トラック1000台を購入するほか、プラスの株式を20%取得するオプションを手に入れたのだ。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク、/æməzɒn/)は、ワシントン州シアトルに本拠地を置くアメリカの多国籍テクノロジー企業である。電子商取引、クラウドコンピューティング、デジタルストリーミング、人工知能に焦点を当てている。 ウィキペディア
時価総額
141 兆円

業績