新着Pick
954Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ディープ・二シャールの謙虚さが全面に出てますが、当時からプロダクト領域で右に出るものはいませんでした。まさにハイパーグロースと呼ばれる人員体制が追いつけない成長ステージのグーグルとリンクドインを両方経験できた目利き力。投資にも直結しているのは容易に想像できます。

ニケシュ部隊の中でも、堅実でマイペースな雰囲気を出しつつも、尋常ではない人脈を発揮していたのを記憶しています。まさにシリコンバレーのインナーサークルにいる人物。

派手に散弾銃のように投資して、化けるのを待つビジョンファンドの中に、着実に実績を積み上げるタイプがいること自体が強みになっていると感じます。ライフサイエンスの発展は、人生の悲しみや痛みを和らいでくれるので大いに期待していきたいと思います。
シリコンバレーにある、ビジョンファンドの本拠地。ここに純利益5兆円をたたきだした、ビジョンファンドの「次の金脈」の仕込みを担っている人物がいます。

実は2020年からビジョンファンドは、ものすごい勢いで、ライフサイエンス分野のスタートアップに投資をしています。これまでUberやDidi、WeWorkなどへの数千億円-1兆円規模の投資から、実は数百億円単位で、有望なスタートアップにより高回転で投資するスタイルに、シフトをしているためです。

孫社長が、昨年からプレゼンテーションで、ゲノム編集やAI創薬について、語るようになったなあとうすうす感じている人も多いのではないでしょうか。その舞台裏を、キーマンへの取材を通してお届けします。

もっとも印象的だったのは、別に専門家じゃなくても、この未来のテック産業を理解することはできるんだということ。まさか独学で学んだ人が、この金脈を掘っているとは、知りませんでした。
アメリカではいま10年生(高校2年生)になると、クリスパーを使った、ゲノム編集のキットを生物の授業で配ります。

ラップトップを配るようにゲノム編集キットを配る時代がやってきたと言うこと。まさにストリートバイオ。
https://media.dglab.com/2017/08/25-streetbio-01/
まさにITとバイオの世界の融合が起きている現場から見える風景を語ってもらっています。

ディープ・ニシャール氏の面白いのは、バックグラウンドがエンジニアであること、そしてもう一つのアームの生物学を独学で学んだということです。

またシリコンバレーの人たちが花を渡り歩く蜂のように、次々と働く場所を変えて、これまでにない果実を作り出すようなイメージが浮かんできます。

ソフトバンクは2020年からライフサイエンスの投資を加速させているということですが、グーグルは2015年くらいから一気に加速しています。そのあたりの事情を明日またお伝えできたらと思っています!
ソフトバンクGの中枢はラジーブミスラはじめインド人移民一世マフィアによって構成されている、その一人ですね。

薬はビーカーと顕微鏡からクラウドでAIチップぶん回して創る時代へ。よって当然プレイヤーは入れ替わるし、何より創薬の時間も創れる薬つまり治る病気も増える、かつそれはコンピューターの処理能力によるので増え方は指数関数的。2014年前後から始まった今回のAIブームにより最も恩恵を被ったこの分野はまだまだ序ノ口、やや創造し難い興奮すべき時代を我々は生きていると思います。
SVFライフサイエンス投資責任者のディープ・二シャール氏による、ソフトウェア畑出身の同氏がライフサイエンス投資をする際の3つの視点。

1.創業経営者
2.知的財産(IP)
3.マーケット(ビジネスモデル)

めちゃくちゃ汎用性あって参考になります。
ライフサイエンス、今後も大きなリターンを生み出し得る領域ですね。ライフサイエンスがデータ化されることで、AIとの相性も飛躍的に良くなることで、軌道に乗った会社は指数関数的成長が高い確率で達成されるように思います。

ライフサイエンスは確かに目利きは難しい。とはいえ、普及には医療現場や政府など専門的な意見が入り込むため、ある程度目が出てきた企業であれば、現場や専門筋からもしっかりと情報収集して見極められれば、勝率も高いだろう。
「10年以上前からコンピュータサイエンスと生物学が融合し面白いことが起きている」。これぞ慧眼。米国中心にデータ処理を駆使して効率的に創薬するというビジョンで10年程前に創業されたスタートアップから、10兆円企業となったモデルナ筆頭に大成功例が続々と
「アメリカではいま10年生になると、クリスパーを使った、ゲノム編集のキットを生物の授業で配ります」というくだりが個人的には衝撃。「Hello World」ならぬ「Hello Gene」のような世界がすでにやってきている。

ユヴァル・ノア・ハラリが『ホモデウス』の中でデータ至上主義の勃興に対して「生き物とは本当にアルゴリズムなのか?」という問いを投げかけていたことをふと思い出しました。

ライフサイエンスの有用性はすでに十分すぎるほど示されており、今回のワクチンの高速開発でも私たちはそれを強く実感しました。ライフサイエンスの発展・発達した先にある未来が、ディストピアにはならないように、この領域にこそ、サステナブルな美意識をもった投資がなされていくことを期待します
ヘルスケアIT分野は今から本当に大きな変化が起こる領域だと思います。その中の注目プレーヤーであるソフトバンクの視点を整理する非常に興味深い記事です。ヘルスケア分野特有の高い専門性、法規制、知的財産権の取り扱いなどがどのような考慮が必要なのか、それともこれまでのIT分野と同様な変化が起こっていくのか、注目していきたいと思います。
この連載について
いま世界中のスタートアップ投資の資金が、ライフサイエンス分野になだれ込んでいる。米国だけで年間5兆円を越え、そこにはソフトバンクの孫正義から、グーグルやマイクロソフトなど巨大企業まで、2030年の勝者をめぐって激しい投資合戦が起きている。
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く日本の持株会社。固定電話やインターネットに関わるインフラ事業やインターネット・カルチャー事業がある。 ウィキペディア
時価総額
11.5 兆円

業績