新着Pick

中国、半導体の国産化が加速 1年間で534社が約2兆6000億円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア
79Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
中国の半導体産業は急成長しております。政府の「中国製造2025」に基づく半導体内製化政策の推進による半導体分野への巨額投資を背景に、半導体製造装置の需要も拡大しております。「自立自強」を目指し、半導体自給率を20年までに40%、25年までに70%に引き上げる目標を掲げております。

また、SEMIの半導体製造装置市場予測によると、世界では20年に過去最高の689億ドル(前期比16%増)を記録しました。
そのうち中国は187億3400万ドル(同39.3%増)で、15年の約50億ドルから5年間で3.7倍に成長しております。
韓国を抜き初めて世界最大の半導体製造装置市場となり、世界市場の成長は今後も継続し、21年に719億ドル、22年には761億ドルに到達するとの予想があります。
中国は、本気で半導体をやろうとしている人が少ない。優秀な学生はみんな、テンセントやバイドゥ、アリババなどのネット企業に群がっています。SEMI Chinao代表が嘆いていました。反面、補助金の出そうなビジネスに群がる傾向があります。半導体がその一つです。

しかし、半導体製造は、原理となる半導体物理、化学、プラズマ物理/化学、シミュレーションの数学やモデリング技術、さらには光学、電磁気学、電子回路、通信技術など幅広い技術の習得が必要です。安易に金儲けに走る共産中国の国民性は半導体製造技術分野には向きにくいです。5年、10年では追いつくことは無理でしょうが、30年、50年となると本気度が増してくる可能性はあります。
資金調達で国産化が加速するのであれば、もっと早くに紫光集団が実現させていたと思います。
紫光集団は実質デフォルト状態になった。
534社の中で、結果を出せそうなのは何社あるのかだろう。
日本政府は半導体・デジタル産業戦略を立てました。
「半導体・デジタル産業戦略検討会議」で座長を務めた東哲郎氏は、政府の今年度補正予算で最低でも1兆円の計上が必要になると言っています。

一方中国の調達額は、合計で1526億元(約2兆6258億円)に達しています。

単純に金額では勝てませんから、日本は中国とは違う価値を作っていかなければなりません。
「1年間で534社が約2兆6000億円を調達」

この規模(スケール)と速度(スピード)が中国の強み。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません