新着Pick
67Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
多くのピッカーが指摘している通り、前年比には意味がないが、いち早く例年レベルの需要に回復している事は間違いない。勝ち組と負け組が二極化した上で、自動車消費はより高級車に振れるという現象は日本だけでなく米中でも顕著だ。コロナ禍で資産バブルが異常なほど進んでおり、超高級車が売れるのは至って当然。1999年のインターネットバブルを彷彿とさせるものがある。
人気 Picker
6月は外国メーカー車全体でも前年同月比45%増でした。

http://www.jaia-jp.org/wp-content/uploads/private/202106NewCarNews.pdf
正しい分析は、こんな感じではないでしょうか?

富裕層にとっては、新型コロナウィルス禍の影響は大きくなく、株価の低迷などにより、お金の行く先が制限されてしまい、そのお金が、いくつかの市場に流れることになった。そのうちのひとつが、この記事にある超高級車である。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
違うんじゃない?

コロナ前の2019年6月のフェラーリ販売台数は115台ですよ。
単に2020年6月が少ないだけで、今年は例年通りとも言える。
http://www.jaia-jp.org/wp-content/uploads/private/201906NewCarNews.pdf

この手のクルマはオーダーや納車タイミングによって変動しますから、今特別売れてるというわけじゃないと思いますが。
絶対数も少ないですし。

単純に前年同月比較するセンスが理解できませんね。
最後のMTの内燃機。そろそろ買い時⁈
麻布や広尾近辺歩けばすぐ見つかる。まあクルマにお金かけない富裕層もいるとは思いますが、稼ぐ人たちはコロナだろうが稼ぎますわな。
このクラスは販売台数もそれほど多くないので、半導体の影響も余り受けないのだろうか。1千万円以上の車種も、どんどん値上がりしているにも関わらず、販売が好調。また、1千万円しなくとも、以前よりも、普通に高級ブランドの輸入車が街なかを走るようになった印象を持っています。
金持ってるヤツにどんどん消費してもらった方がいい。ただ、フェラーリやベントレーでは節税対策で使えなそう。