新着Pick
55Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
中国では、いわゆるBL小説をネットで発表した場合でさえ懲役10年の判決が出るほど、徹底して取り締まられています。BL作品の所持と発表の自由を求めて日本に来る中国人もいるほどです。
 アジアでもいち早く同性婚を合法化した台湾とは対照的です。
 ただし、中国には同性愛の行為自体を処罰する法律はありません。これまでは、精神疾患として収容するなどの対応がとられてきました。表現作品については、わいせつ物の製造、販売についての刑法が適用されます。
 一方で、中国におけるLGBTQコミュニティは非常に大きく、連携も取れており、中国最大の公民権運動といえるかもしれません。主に都市部の高学歴層が中心であるということもあり、宗教や民族を中心とする運動よりも強力なところがあります。
 中国政府としては、敵に全面的に敵に回すのは難しいコミュニティです。同時に、こういう公民権運動的なやり方で国民が権利を勝ち取っていくという前例が成り立つこと自体が受け入れがたいでしょう。

“BL”小説家に実刑判決 LGBTに厳しい環境 中国
https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000146560.html
共産党にとっては、LGBTQ自身は決して悪いとは言えないし、「同性婚者が出たら生育率が下がる」というのも、強制的に同性愛者に結婚妊娠するよう命じることはそもそも不可能ですので、理屈は立ちません。
しかし共産党が忌憚しているのは「共産党に影響力を及ばない社会団体の構成」です。社会運動を巻き起こすあらゆる力は共産党の指導を置けるべきか、中国から追い出されるか、事実上二択しかありません。民間の労働組合もそうですし(宅配配達員による自発的な労組リーダーらは逮捕されたこともあり)、海外NGOの中国進出もそうです。私と友達が以前立ち上げた「模擬国連」という学生部活の研究NGOでも、「子供なのに敏感な政治話題に関わるな」とされ、解散まで追い出された。
さらに米中対立が深まる中、日本以外の西側諸国ではやっている性的少数者への権利保障運動は、中国としてはそういう西側諸国発のイデオロギー的なアジェンダを積極的に認めるべきことではありません。共産党政治はあらゆる分野でもハイジャックをした感じです。
近年、ネットにもテレビにも中性的なアイドルが多くなってきていますが、今回のアカウント凍結のことから、LGBTQへの理解と許容はまだ限定されているように感じています。
オンラインで抗議行動を呼びかけられていますが、恐らくすぐに押さえられるかと思います。。
中国当局の規制強化の動きがこんなところにも。
「中国では1997年に同性愛が合法化されたが、同性婚は違法で、LGBTQは政治的に敏感な問題とされる。」
アカウントを凍結したWeChat側は「苦情」が寄せられたためと説明しているとのことですが、実際どの規則に反したのかは明らかでないとも。