新着Pick
136Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
誤ったメッセージを多くの人に伝えることになりそうで心配です。

ワクチンの効果は何かの時点でパタリとなくなるというものではありません。時間とともに少しずつ減衰するものの、長く続くことが期待できます。

あとは、「どこまでを許容するできるか」によって追加接種のタイミングは変わってきます。また、ウイルスの変異の速度によっても追加接種のタイミングは左右されることになります。

ここまでの1年間は、まさにパンデミックと呼ぶのにふさわしく世界中で大流行してきました。この状況下では、どんなに変異の遅いウイルスでも、多くの変異を生み出すことができます。それだけ世界中の人のからだの中に沢山のウイルスが存在しているからです。

一方、感染流行の抑え込みができれば、コロナウイルスは、インフルエンザなどと異なり、ダイナミックに変異を繰り返すウイルスではなく、変異の速度も遅いと考えられています。

このことから、本来はワクチンの必要な頻度もインフルエンザより少ないことが想像できます。

こういった背景を知った上で、ニュースを読む必要があると思います。詳細のデータが報告されていないため、追加接種のタイミング、ましてや将来的な頻度までこのニュースから「理解したつもり」になってはいけないと思います。

(追記)
早速米国では、FDAおよびCDCが「追加接種はまだ不要である」と声明を出し、速報が出ました。
すでに接種が認められている新型コロナワクチンについて、ブースター接種(効果の追加目的の接種)をするため、必要な臨床試験を実施するとの報道です。医師が処方する際や、製薬企業が医薬品のプロモーションを行う際には認可された内容に沿う必要があります。例外的には、医師には信頼できる学術誌に掲載された「学術論文」などの医学情報を頼りに使用するという「裁量権」が認められていますが、認可されていない(精緻かつ多数例で検証されていない)ところを推して使用することはほとんどありませんし、問題が発生すれば、判断の是非が問われます。

製薬企業が「学術論文」を医師に提供することはあっても、使用を促すものであってはなりません。米国は特にこの規制が厳しく、「許可された商材(リーフレット等)のみを用いること」として、厳しく規制されています。

ファイザー社製を含め、新型コロナウイルス・ワクチンは接種後の長期データが存在しませんが、最初期の接種者については接種後1年を経過していることから、1年後まではデータが集まりつつあります。それを検証したところ、中和抗体価が減弱しているということが分かってきています。すなわち、新型コロナウイルスでは、1度ウイルスに侵入されたり、ワクチン接種をしても、「生涯を通じての免疫(終生免疫)は得られない」ことがわかってきています。また、(ファイザー社製に限らず)新型コロナ特定の変異株に対しては、中和抗体価が数分の1になるとのデータが次々に出されており、それでも製薬企業は「変異株にも抗体の有効性が確認された」とポジティブなタイトルでプレスリリースしていますが、実際には製薬企業や専門家は不安を感じていると思います。

「おなかがすいたら食べればよい」とは異なる次元の緻密さが求められるのが医薬品の製品開発ルールです。本件も単に「追加接種すればよい」のではなく、追加接種のタイミング、間隔、回数などを変えて、有効性と安全性のバランスを検証するプロセスを開始するということになったという位置付けです。確認後、その時点で最も推奨される追加接種の方法が追加承認申請されることになります。
イスラエルのデータからして、長い戦いになりそうです。次の冬場が再びポイントになるかもしれませんが、海外の動向とブースターに関する見解を、政府主導で共有して欲しいですね。
始めは1回だと思っていたワクチン接種が2回になり、今度は3回するとより効果が高いと言っています。
ワクチンを製造する会社がどんどん儲かる仕組みですね。
ワクチンを作れない国はなすすべがありません。
私はフィリピンにいるので特に強く感じます。世の中、不条理です。
日本は何とか自力でワクチンを開発してもらいたいです。
ファイザーがFDAに3回目の追加接種(ブースター)の許可申請へ。先進国でmRNAワクチンの囲い込みが続くことに。仮に毎年接種になれば公費負担はいつまで続くのか。
私たちが3回目を打つことで、いまだにほとんどワクチン接種進んでいない途上国の接種が更に遅れることになるのでは、と思ってしまいます。

温暖化の原因を作ってきたのは先進国なのに、被害を受けるのは途上国が多いとよく言われるのですが、経済的に弱い立場が被害を多く受けるのはどんな問題でもあるのだろうと思います。
日本も将来、そうした立場になる可能性も大な気がします。
すみません、悲観的なコメントで。
同じmRNAベースのモデルナのワクチンを2回接種したけど、同じく3回目の接種の申請がされるのかな。個人的にはなんの副反応も出なかったから、承認されれば半年後に3回目を受けようと思う。
間違いや不正ではないのだろうが、人の不安につけこむ、見事なマーケティング戦術といえる。

素人としては、暫く様子見で、拙速に飛びつかない。

史上初のワクチンには、機能も効果もまだまだ不確実性があると理解し、腰だめで望もう。

何よりも、感染源に近寄らず、「君子危うきに近寄らず」だ。
だから、感染源となる、オリパラは即刻中止だ!

それにしても、緊急事態宣言の解除という「勝負」に完敗した、菅総理は恥ずかしくないのだろうか?

2度と「勝負」はしないでくれ。
ファイザーが新型コロナウイルスワクチンの3日目の追加接種の許可について、来月中に申請する方針とのこと。
申請の理由は、「2回目の接種から半年経過すると再感染リスクが高まる証拠が出てきたことや、感染力の強いインド由来の変異株(デルタ株)の広がり」とのこと。
半年ごとのワクチン接種。なかなか忙しいですね。。
山田さんがいつも指摘されているように、断片的な情報だけで分かったような誤解をしないことが大切ですね。にわか評論家にならないようにしないとね。

科学的、統計的に正しい情報をどのように解釈すべきかなど、学者の方が常にタイムリーに発信していただけると本当にありがたい。
時価総額
2.84 兆円

業績

業績

Premiumを無料で体験
登録・ログイン