新着Pick
42Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
今となってはノーサプライズな内容だろう。2030年の規制ミニマムでもこの程度のZEV比率が必要となる。2030年にステランティスが260gwh、フォードとVWGが240Gwh、トヨタが180Gwhもの大規模LiB生産能力を構えることになる。原材料の需給バランスは2030年に向けて急速なタイト化が避けられない。全個体への開発を急ぎ、水素インフラを日本としては早急に確立を急ぐべきだ。メガトレンドにも誤算というもには常にあるもの。ただBEVを追随することがアンサーでは無い。
人気 Picker
欧州メーカーは脱ガソリンを鮮明にしてきました。脱ディーゼルエンジンも進めています。2030年から2035年に向けて、特に成熟市場では新たに市場に発売される車が電動車、それもピュア電気自動車にどんどん置き換わっていくと見られます。
日本ブランドはまだエンジンの可能性を模索していて、モーター車については、全体のラインナップで欧米メーカーの少し後ろをじっくり走っているイメージです。
日本でも8ブランド絶好調みたいですね。イタフラ+アメリカw
EVだけとは言ってないようですけど。

https://techcrunch.com/2021/07/08/auto-giant-stellantis-to-invest-e30b-in-electrification-through-2025/

「Stellantis, the global automaker born out of a merger between Fiat Chrysler Automobiles and French automaker Groupe PSA, will invest €30 billion ($35.5 billion) in electric vehicles and new software over the next four years as part of a major push to transition away from internal combustion engines.」
大きなうねりです。
Premiumを無料で体験
登録・ログイン