新着Pick
86Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
政策を決定している都知事以下の上層部は朝電車に乗り、西新宿で降りて、夕方も電車で帰る、ということを1回でも良いのでやってみると良いと思います。どれだけ自分たちのやっていることが実情からずれているのか3分で分かります。
施設の種類ごとに、措置の適用についてのガイドラインを設けるのは有難いが、それぞれの適用の背景にある、科学的・感染学的根拠が分からないから、納得性が低く、不公平感が残る。

措置の適用に一貫性がなく、恣意的に感じられ、安定的ではない。利権が絡んでいるのではとの疑惑や「政治的」な判断の臭いが消えない。

政府には、緊急事態宣言下の措置と制度、そしてその背景となる指導規範を作ることに長けたプロフェッショナルが居ないことは、既に明らかだが、東京都にもそうしてプロは居ないのだろうか?
一番気持ち悪いのは上限5000人の運動施設など。何故この状況で五輪は無観客なのか?

あと、ここに入ってすら来ない茨城でロッキンオンジャパンが中止なのもね、違和感ありあり。
こちらの記事は、今回4回目となる緊急事態宣言の期間中、東京都が行う「緊急事態措置」についてまとまっています。
午後8時までの営業時間短縮の対象となる施設や、休業要請を行う施設、イベント等での収容人数の制限についてなどが書かれています。
これでまたジムは混みます。
→本末転倒…
これで五輪無観客の意味がわからない。ワクチン普及後でも陽性者数で煽り続けるオールドメディア、データ・ファクトを見れず、思考停止状態の大衆。絶望しかない

>「劇場」や「博物館」、「運動施設」などは、法律に基づいて、人数の上限は5000人で、定員の50%以内とするよう要請します。