新着Pick
63Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
地域銀行の役割が融資等の金融サービスの提供のみならず、顧客企業の経営課題の解決のための総合的なサポートの提供に拡大しつつあるなか、経営人材の紹介まで行うことの期待感は高まっていると考えます。
特に、東名阪をはじめとする大都市圏以外の地方都市においては、人材紹介サービスは十分に普及しているとはいえず、企業経営のサポート役としての地域銀行が果たす役割の余地が大きいことは間違いないように思われます。
一方、経営人材の紹介に際しては、何よりも企業の経営課題の整理が不可欠であり、それが十分でないままに単に企業の漠然とした希望に基づいて人材を紹介しても、うまくいかないことが少なくないように思います。
融資であれ、経営人材紹介であれ、そこで求められるのは支援先企業の事業性評価であり、そこが地域銀行に求められる一丁目一番地の機能・役割であることは過去もこれからも変わりないと考えています。
地銀さんは、本業以外のビジネスで地元企業への貢献をお上から求められるなかで、地方企業の課題は人材採用。参入していくのは自然な流れ。

一方で構造的な問題を解決しないと地方企業の人材採用は上手くいかないと思います。

地元出身で一度東京のベンチャーで働いた人は、当初3〜5年で地元に戻って貢献すると言っていた人も、気づけば10〜20年は戻らないというニュアンスに変わります。これは、地元と東京のスピード感やビジネスの進め方のギャップを体感してしまい、自身の成長・中長期でのキャリアを懸念するためです。
一方、地方企業の経営者は優秀な人材やフルコミットにこだわりがち。都内の伸びているベンチャーでも採用は苦労しているなか、姿勢や考え方の変化が求められると思います。

このあたりを地銀さんがパートナーとなる人材会社を巻き込みサポート出来るのか、重要なポイントと考えます。
Premiumを無料で体験
登録・ログイン