新着Pick
73Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
アップルに始まり自動車メーカーまで。短期間で他の業種にも広がるのは必至で、日本のサプライヤーにも当然影響は及ぶ。国際競争力を維持する上でも再エネ増やすことは重要
この記事ではOEMメーカーが一方的にサプライヤーに通達したような印象を受けてしまいますが、他の領域ではサプライヤーがサステナブルなものづくりができる環境を完成品メーカーが支援するというケースも生まれています。

サステナブルな世界は一つの企業だけでは実現できません。サプライヤーを始めとした多様なステークホルダーとともに共通のあるべき世界に取り組むという姿勢がビジネスには求められ始めています。
当然のことながら、目標達成は可能ですが…それにかかるコストは誰が負担するのか?ということだけでしょうね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
再エネ100%はグローバルスタンダードだから、グローバルな企業と取引するならマスト要件なんじゃないかな。少なくても5年前からそういう動きは加速していたから、自然の流れなんじゃないかと思います。
VWではなくポルシェと言う所
「エネルギー源の切り替えができない場合は、将来的に契約を結べなくなる」とのこと。

業績

フォルクスワーゲン(ドイツ語: Volkswagen AG)は、ドイツのニーダーザクセン州ヴォルフスブルクに本社を置く自動車製造会社。傘下であるポルシェをはじめ、傘下の会社を合わせてフォルクスワーゲングループを構成する。 ウィキペディア

業績

Premiumを無料で体験
登録・ログイン