新着Pick
190Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
これは日本にとっても他山の石となりうるケースなので、注視しておくべきだろう。
人気 Picker
中国はこれまで自国の半導体を強化しようと、あれこれいろんな手を使って買収を試みてきました。今回は、この手があったか、という感じです。というのは中国の聞泰科技という半導体メーカーは、まずオランダのNXP SemiconductorからスピンオフしたNexperia社を買収し、そのNexperia社が英国のファウンドリ企業のNewport Wafer Fab社を買ったものです。できるだけ中国名を出さないようにしてうまく買収しようという意図が見えます。

Nexperia社はトランジスタやダイオードといった単体の半導体の会社なので、競争力はなく、NXPは邪魔者扱いしてスピンオフさせたようです。大事な製品はNXP本体がしっかりと囲い込んでいますから。しかし単体のトランジスタでは中国内でさえ戦えませんので、今回は半導体不足に乗じてファウンドリを買い、ポートフォリオを揃えようとしたと見ています。

中国の若者は、大学卒業後、手軽に儲けられる仕事としてインターネットサービス業を選ぶ傾向が強く、半導体産業にはいきません。このため人集めの手段として企業丸ごと買うという手を使いました、それもNexperiを隠れ蓑として。なかなかしたたかですよ。日本でも半導体を強くするなら、このくらいのことをすべきです。
現時点での英政府の態度は、「政府が介入するのは適切ではない」というものだ。内外から疑問が呈されているのは、この英政府の態度だ。つまり、一方で、中国に対する不信から5Gネットワ​​ークからHuaweiを除外することを決めているのに、今回はなぜ全く不介入なのか?という点である。
中国の電子機器大手の聞泰科技の子会社が英国最大の半導体メーカーを買収したことに対して懸念する声が高まっているそう。
「半導体が世界的に不足する中、重要な製造設備や技術が中国に渡る懸念があり、英政府に買収の規制を求める声があがっている。」

買収時の報道はこちら
【中国電子機器大手の聞泰科技、英半導体企業を買収】
https://newspicks.com/news/5994602
今春の動きはこちら
【中国、EV用半導体に触手 ウィングテックが上海に新工場】
https://newspicks.com/news/5753978
「英政府に買収の規制を求める声があがっている。」というのがどこから上がっているのか、この記事からは分かりませんでしたが、英政府の中国リサーチグループの代表および外務特別委員会委員長であるTugendhat氏が懸念を示したようです。
また、CNBCの記事によれば、対象企業であるニューポート・ウエハー・ファブ(NWF)は、複数の未払い負債を抱えていたとのことです。

Brexitはあるものの、同盟国である米国もEUも産業戦略を見直して本年、半導体を重点分野・戦略分野として掲げる中で、まだどのレベル(ノード)のものに力点を置くかは決まっていません。しかし、当然同盟国や取引関係が強い国からの技術流出に対する強い懸念を表明し、場合によっては圧力をかけていくと思われます。3月には、イタリア政府が中国のShenzhen Investment HDによる半導体企業の株式取得(支配的保有割合)をブロックしたばかりです。

英政府関係者は、"現時点では"介入するのは適切ではないものの、状況を注視して要すれば企業法(注:英国の2002年企業法は、安全保障やメディア寡占等において重要な公益が損なわれると判断される合併・買収については大臣が介入する権限を有することを規定)に基づいて介入することを辞さない旨CNBCに対して発言しています。
そもそもCNBCが大々的に報じている時点で、米国の関心の高さがうかがえると思ってしまいますが...
ニューポート・ウエハー・ファブ
最大?
Premiumを無料で体験
登録・ログイン