新着Pick
871Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
画家というのはゴッホがそうであったように、生きているうちは絵が1枚しか売れなくても、死後に高く評価されて世界中で愛好されるようになれば、優れた画家であるといえます。そういう意味では、絵が売れるようにするのは、画家自身の仕事ではない、ともいえるでしょう。
 ゴッホの場合、彼の弟が必死になってゴッホの作品が世に出回るように働き、ついに成功しました。誰かが絵を売るために働いてくれないと売れない、ともいえます。
 生きているうちはもてはやされても、死後は誰も見向きもしなかった画家というのもたくさんいるし、そういう画家の方がむしろ多いです。作曲家や哲学者などにもいえることですが、仕事の評価は時代を超えて受けるもので、死んでからも長く残る仕事を残せるかどうかが勝負ともいえます。
 レオナルド・ダ・ヴィンチの不幸は、彼自身が自分のことを画家とは思っていなかったし、画家扱いされたいとも思っていなかったことですね。彼がしたかったのは、技術によって都市を、さらには国家をつくることで、絵画はその技術の中の小さな一部分に過ぎませんでした。せいぜい、権力者に接近するための余技のようなものでした。
 権力の中枢にあって、土木建築の技術でインフラをつくり、機械工学で兵器をつくって最強の軍隊をつくり、制度を整備し、かつてなかったような国家をつくる、というのは貴族でも何でもない平民のレオナルドにとってはあまりにも過ぎた野心でした。
 この野心のために、教会軍総司令官チェーザレ・ボルジアをはじめ、暴君ともいわれるような権力者たちに接近しましたが、絵画はあくまで売り込みのための芸のようなものでした。結果的にレオナルドは生きているうちにその野心を実現できず、後世に残ったのは主に絵画で、史上最高の画家の一人として評価されることになりました。
面白いですね。著書読んでみたい!
美術史は歴史の中でのイノベーションの軌跡そのもの。『13歳からのアート思考』(末永幸歩著)、『アート思考』(秋元雄史著)もアートの変遷、ものの見方の変化を知れておすすめです。
「真の貴族趣味を知らぬまま「貴族的」なものに憧れる新興富裕市民」をターゲットにするブランドビジネスはこうして始まったのかと納得しました。日本や中国が大市場になるわけだと。
アーティストも時代に適応しなければ生きていけません。レオナルド・ダ・ビンチが時代の狭間に取り残されていたとは。

日本美術史にも時代に適応できずに、凋落したものがあります。浮世絵もそのひとつ。印刷技術の進展によって、版画文化が廃れてしまいます。その浮世絵で一躍名をなしたのが、蔦屋重三郎。稀代のプロデューサーです。

美術史にもビジネスに活かせるケースが少なからずあることがよくわかりました。

絵に金ピカの額縁をつけ、印象派礼賛の記事を書くことによって、印象派の価値を高めた画商の話は、参考になります。
アーティストにとって最大の顧客は、時代なのかもしれませんね。1-1の見える顧客としてのパトロンを相手にしていた前近代から、1-nの見えない大衆を相手にするようになった近代以降へ、そしてときにチームや仲間と一緒に時間や空間のコンテキストを相手にするようになったx-nの現代へ。

村上隆が『芸術家起業論』でも説いてましたが、芸術の世界において生き抜いていくためには、現代という時代が成立する歴史的な背景やコンテキストを読み解いたうえで作品を世に出していくための高度な戦略が重要になってきているのでしょうね。

ビジネスマンとしても相当優秀である(と個人的には感じる)建築家の安藤忠雄さんも、大学での講義でよく言ってらっしゃいましたが、「創造は逆境から生まれる」。コンテキストや制約条件ゼロの「完全新築」物件としてのアートは存在せず、すべてのアートは文化的な増築の所作と言えるのかもしれないですね
美術品であっても評価=経済的な価値が生じる限り、今も昔もビジネス戦略が必要だったということが分かり、非常に面白い記事でした。
ビジネス戦略の参考となるのは、戦術だけではないのですね。
アート領域は全く知見がなく、他にもいろいろな理由・背景などもあるかもしれないが、とても面白く読んだ。
趣向品に何を求めるかは人それぞれだし時代背景もある。そのニーズを掘り当てる・創り出すことは手腕だし、それで満足して対価を払う人がいれば事業として成功する(価値観も関わることだから賛否両論はあるだろうが)。
現代でも〇〇風、みたいなものは生まれては消えていく(そして一部だけが残る)が、人間の歴史を感じる。
ダ・ヴィンチが画家の「働き方改革」乗り切れなかったというのは興味深い発想だと思います。しかも、ビジネスではなくアートサイドの方がこのような発想をされるとは驚きでした。アーティストの考え方も変化しているんですね。あまりビジネスに毒されないといいな。
早速読んでみました。絵画の商取引に着目した内容は興味深いです。ビジネスに置き換えていると思いきや、あくまでも絵画の世界に特化しています。
テレワーク・DX等、最近あるあるな話題に疲れた脳に、優しい刺激を与えてくれる本です。
芸術とはいえ、顧客に価値を見出してもらえなければゴミになってしまう。なので、価値がわかりやすいようにアプローチを変える。
面白いですね。
SNS発のアートや音楽が爆発的に売れるのも時代を考えると納得の戦略です。
この連載について
まるで預言者(プロフェット)のように、新しい時代のうねりをいち早く紹介するNewsPicksのインタビュー集。本質を見抜く視点を毎週つむいでゆくことで、ちょっと先の未来を覗こう。