新着Pick
89Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
いくらARであっても視野が狭くなるのではないでしょうか?

混雑する駅ナカで多くの人々が利用すると…危険性が高まるような気がします。
ARやMRグラスでの使用も見越した機能。
スマートフォンと眼鏡型の端末とでは、全く見え方が異なると思う。
ナビゲーションの方法も変わるだろうし、端末が変わったら変わったらで、また最適解を模索していくのかな。眼鏡でも視線の動きで注意散漫な状態になるだろうし。
センサーと組み合わせ、リアルタイムで空間オーディオ的に音を出して、安全側に持って行くことは出来るのかな。
インバウンド等が戻ってきた時にも便利ですね。Gマップ利用者が増える程に事業者サイドのGoogleマイビジネス活用の重要性は増します。
グラス型のデバイスが欲しくなる。スマホでやる場合は撮影しているのか、AR用に画像取り込んでいるかははっきりさせて欲しいね。街中で勝手に撮られるのは気分良くない。最近はライブ配信用にやってる人も多い。あれは肖像権主張して蹴り上げたくなる笑
スマートグラスへの布石でしょうか。やっぱりxR技術も有望分野ですね。
おぉー、コレは便利。駅まではグーグルマップで向かい、駅ナカはお店のマップとにらめっこしていました。対応の施設も今後増える予定だそう。助かりますね。
梅田とか大阪らへんもこういうのお願いしたいです。
東日本旅客鉄道株式会社(ひがしにほんりょかくてつどう、英語: East Japan Railway Company)は、東日本を中心として旅客鉄道等を運営する日本の鉄道事業者。1987年4月1日に、国鉄分割民営化に伴い日本国有鉄道(国鉄)から長野鉄道管理局、新潟鉄道管理局及び東北・関東地方の各鉄道管理局の鉄道事業を引き継いで発足したJRグループの旅客鉄道会社の一つ。 ウィキペディア
時価総額
2.68 兆円

業績