新着Pick
1398Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
資金移動業者のライセンスと銀行とのチャネル開拓が済んでいるpringをユーザー目的ではなくてGoogleが取り込みたいと思う可能性は確かにある。赤字幅が狭まっているというものの、恐らく収益成長ではなくて広告費などの費用抑制によってだと思われるので、この金額で落ち着くかは疑問が残る。仮に7-8年で元が取れる水準だと考えても年間25億利益を生み出すサービスになるとは考えにくいし、百戦錬磨のGoogleがプラットフォーム目的で高値買いも想像しにくい。希望的観測が先行し、落ち着いて2桁億ではないだろうか。

それよりも我々の生活に影響があるかもしれないGoogleによるpringの活用方法を考えてみたい。まず店舗でのスマホ決済はない。乱立状態であるのとそもそも決済以外の周辺ビジネスがしっかりと拡充されないとアリペイのように高収益モデルは確立できない。

期待したいのは、P2P(ピアツーピア)と呼ばれる個人間サービス。アメリカにおける開拓者のvenmoも今や老舗。日本では、Lineが先陣を切ると思われたものの意外と進んでいない。ここには面白い国民性の違いも見え隠れする。例えば、色々な人種のスマホ画面のスナップショットを比較した研究があった。平均して一番アプリの数が多くスワイプスするページが膨大に存在したのが日本人。逆に中国人などは、WeChatでチャットしお金も送金し、アリペイで決済しタクシーも呼ぶ。日本人はどうやら1ユースケース1アプリを好むようだ。その点、まだまだP2Pには成長機会があるのでGoogleには期待したい。

ユーザーとして、ECやサービス購入の時にAmazon Payとの紐付きが強くなっているのを感じないだろうか。いずれ、オンラインの決済を奪われると考えるとGoogleも生きる場を模索しているのだと考えられる。
pringの強みは送金為替プラットフォームで、競合が強みを持つ決済分野ではあえて勝負していません。ここがとても優れた戦い方だと思っています。

スマホ決済はJCBのSmart CodeというQR決済の規格を採用、最小限の労力で対応する形です。

その代わりに、経費精算や小口の報酬、給付金など、企業や組織から個人へのお金の支払いを滑らかにする機能を拡張しています。個人からJリーグのクラブ等への投げ銭(ギフティング)を盛り上げたのも、pringです。

これらのお金の動きは、単純な送金ではなく、すべて「コミュニケーション」が関係しています。

結果的に、スモールコミュニティに紐づく個人を群として獲得。競合とは違う強みを確立したことで、Googleの買収に至ったのではないでしょうか。

GoogleはGoogleユーザー間の送金が実現可能になれば、Gmailにお金を添付して送る、という世界も訪れそうですね。

YouTuberへの広告収入の支払いや、Youtuberがライブ配信した時に視聴者から受け付けるスパチャ(Super Chat)など、何気に現在の経済圏でもお金が動くシーンが多いため、かなりシナジーが大きそうです。
スクラッチでモバイル決済システムを構築するよりも、買収した方が早い。pringは資金移動業の認可を受けており、銀行との接続実績が多く、コンプライアンスもしっかりしている。

それをGoogleが評価したのでしょう。資金移動業の認可を一から受けるとなると、2-3年はかかります。買収すればすぐに手に入れられます。

Googleがどんな展開をするのか楽しみです。こんな記事もあります。

https://www.ncblibrary.com/posts/54029
サプライズの買収ニュースです。NewsPicks編集部でも独自取材をして、この買収の裏側に迫りました。

pringの社長には、2019年3月にインタビューをしていました。このところ、目立った動きが少なかっただけに、本当に驚きです。
こういうバイアウトもありなんだなー。origamiとか粘ればワンチャンあったのかもね苦笑
スマートフォンの半分弱のシェアを占めるAndroid OSを提供するグーグルは、決済アプリを強化できれば、相当の利益を確保できる算段があるはずです。

「資金移動業者の免許」と「接続できる銀行が最も多い実力」を買うことでどのくらい工数を短縮できるか、その買った時間で入手できる収益を考慮すれば、200億円~300億円という金額は高くないのだろうなと推察しました。
『事実、複数の関係者がNewsPicks編集部に「グーグルがpringを買収する」ことは認めているものの、まだ契約締結は完了していない模様だ。』

まだ決まってもない中でこんなに記事になって情報管理大丈夫か。
大企業は常に「make or buy」を検討しています。ただ、これはあまりに値段が高すぎるでしょう。買収後に爆発的に伸ばす秘策があるのかもしれませんが、そもそも決済アプリ単体ではそれほど利益は出ません。硬直化して止まりそうな買収交渉を動かすための意図的なリークなのかもと、ついうがった見方をしてしまいます。
QRコード決裁が日本でも一気に進んだけど、これ、中国でのアリペイの成功をみて、ソフトバンクがペイペイをしかけた。しかし、たとえば人民元の電子マネー化の実験をしている中国政府や、日本でも電子マネーを日銀が研究しているが、もうそれができたらば、役割を終えてしまう。

つまり、ペイペイしてもメルペイにしても、お金による決裁ではなく、お金からポイントを付与してもらい、それによる代物決裁だから、直接非接触のマネーが出てきたらば、その必要はなくなる。

そうなると大きなゲームチェンジになるのだが、そのあたりつっこむと面白いと思うよ。
ユーザー数などを考えても、とてもじゃないがこの金額で買収するとは思えないのだが…
そして、既にPayPayなどでの習慣化が一定進んだ中で、いかにGoogleといえど、どうやってシェアを増やすか。Google Payに一体化するのではないかと思うが、Androidのシェアも一定あるなかで、消費者はPayPayや楽天を、他のポイントと併せて選んでいる状態。
この連載について
今、知りたい注目のニュースの真相から全体像まで、やさしく徹底解説。プロピッカーや有識者による対談、オピニオン寄稿、直撃インタビューなどでお届けする、NewsPicks編集部のオリジナルニュース連載。