新着Pick

気疲れが防波堤になる。「落語」に学ぶビジネスパーソンの処世術

ライフハッカー[日本版]
『仕事も人間関係も生き苦しい人のための 落語に学ぶ粗忽者(そこつもの)の思考』(立川談慶 著、WAVE出版)より、「落語」に学ぶビジネスパーソンの処世術を解説します。
62Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「「話のネタにできるレベル」「人に笑って話せる程度」の辛さであれば、プラスに捉える」
確かに。人に話すことができば気持ちも楽になりますし、実際話してみれば大したことじゃないなと思うこともできます。

「「立派に生きるべき」「何者かになるべき」というような思い込みは、もう手放そうとも。」
この点については先日平井堅さんがNHKの番組で 「ノンフィクション」を作ったきっかけについてお話しされていたことがとても共感できました。若い頃は自分が特別な能力を持っていると思っているものだけれど、40を過ぎ、そうでないことに気がついたとき、どう生きるか。個人的にも日々そのことを意識しながら、自分らしく幸せに過ごすことを目指しています。