新着Pick

セブン&アイ、井阪体制6年目でみえた「大変化」

東洋経済オンライン
「(目標を)達成すべく必死になって進めていきたい」。2021~2025年度の中期経営計画を7月1日に発表したセブン&アイ・ホールディングス(HD)。井阪隆一社長は強い覚悟でそう語った。新たな計画の最大の特徴は、…
26Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
記事を読む限り余り「大変化」は感じられませんでしたが、グループ内シナジーは10年前から言ってたと思いますし、逆にグループに固執せずに他社と連携していくべきだと思います。
「「アメリカのコンビニで中食を伸ばす」と目標が明快な海外事業と異なり、国内の各事業は「成長の方程式」が見えにくい。」
コンビニ事業に経営資源を集中すべきだと主張する声は依然根強いい中、新たな中期経営計画ではグループの総合力強化を進めるとのこと。
プレスリリースはこちら
【新中期経営計画の公表について】
https://www.7andi.com/library/dbps_data/_material_/localhost/ja/release_pdf/2021_0701_ir04.pdf
海外のコンビニに行くと昔のコンビニを思い出す。セブンの商品力、特に弁当や惣菜などは群を抜いていると思うので、日本のガラパゴス文化を逆に利用していって欲しいなと。GMSからは足を洗い始め、採算の良いものに集中しながら拡大しているので、カリスマ鈴木とは違う、ある意味堅実な経営ともいえるなと。
株式会社セブン&アイ・ホールディングス(英語: Seven & i Holdings Co., Ltd.、通称表記:セブン&アイHLDGS.)は、セブン-イレブン・ジャパン、イトーヨーカ堂、そごう・西武などを傘下に持つ日本の大手流通持株会社である。日経225及びTOPIX Core30構成銘柄である。 ウィキペディア
時価総額
4.27 兆円

業績