新着Pick

学習態度・学力ばらつき「小1問題」解消、文科省が5歳児に「教育プログラム」

読売新聞
文部科学省は、小学校入学時の学習態度や学力の差をなくそうと、5歳児向けの共通教育プログラムを作る方針を決めた。幼稚園や保育園、認定こども園で生活や学習の基盤となる力を養い、小学校入学後の学びにつなげる。近く中央教育審議
152Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
幼児教育での教育の質を高めていくという点では賛成です。
一方で、旧来的な教育観の中で小学校の生徒としての振る舞いができるように、幼児教育から準備をさせるという考えであれば反対です。
幼児教育は上の年代のための準備期間ではありません。幼児期として大事なことを体験する貴重な期間です。五感を使った遊びの中で、創造や協働が楽しいことだと感じられる原体験をしてほしい。

旧来的な教育観や経済的な文脈の中で幼少期の子どもたちをしつけようとする考えは、学校に合わない子たちをもっと早期から増やす負の効果もあると危惧しています。今後の議論の展開を注視したいと思います。
学習態度や学力のばらつきを無理に揃えようとするから「小1プロブレム」が起こることに、まだ気づかないのでしょうか。揃えようとするから子ども達は苦しいのであって、自由にやらせていたら苦しむ子は殆ど出てこないです。そもそも「一律」「一斉」に揃える方向から脱する教育プログラムを作らないといけない時に、なぜ逆をいくのか理解に苦しみます。幼稚園段階から苦しむ子が出てくる結果になりそうです。
これは注目すべきニュース。5歳児は厚労省管轄の保育園にも文科省管轄の幼稚園にもいる。長らく進まなかった幼保一体化だが、幼稚園と保育園の行政が分かれているせいでリソースが最大化されていない。もしかしたら、この施策は幼保一体への足がかりになるのだろうか? フランスのように3歳から「保育学校」を義務化して欲しい。義務かとなれば、「保育園に入れない」という問題はなくなる。また子どもたちは全国「平等」に3歳から同じプログラムで育てられる。逆に幼保一体という問題を置き去りにして教育プログラムだけを導入するのは、非常に筋が悪い政策になりそうだ。
小1プロブレムの多くは勉強面ではなく、「遊びの中の学び」という幼稚園での文化と小学校の規律を重要視した学校文化とのギャップにあるという論文を及んだことがあります。
学習態度と呼ばれるものが果たしてどれくらい重要なのか、こちらも合わせて検討が必要かと。個人的には子どもは遊びの中から多くのことを学んでいくというピアジェ的発想が好きなので、幼稚園でまで規律を全面に押し出すことには疑問があります。
賛否ありそうな内容ですね。
「小1問題の解消」のための取り組みが、1学年下の共通教育プログラムを作ることで今度は「5歳児問題」へと発展してしまいそうな気もします。
幼稚園児、保育園児の吸収力の高さは本当に目を見張るものがありますが、「読み書き」や「言葉」「数」の教育を早い段階から詰め込むというよりは、「学ぶこと、できるようになることってこんなに楽しいんだ!」という子どもの好奇心や学習意欲を引き出すプログラムになっているといいですね。
中教審で検討を始めるそうです。
....個性を求められる時代と言いながら、ある枠に収斂させてゆき、その枠をはみ出すことがいけないことという価値観はそのまま。
学習態度は、しばらくすれば慣れるのでは。
幼児教育について国として具体的な内容を示すことは良いと思います。現状では自由度が高いため、施設ごとの幼児教育の質にけっこうな違いがあるように感じます。

一方で教育内容が旧来の「やらせる」教育にならないように、現場にきちんと新しい教育の意図が伝わるようにすることや、具体的に何をどのようにするのかを分かりやすく示すことが必要です。
愚策でしょう。大体、この機能は1~2年生のカリキュラムが担っていたのではないでしょうか。それを下の学年に皺寄せているだけです。
そもそも、小学校の教育って既存のままでいいんでしょうか?という問いもない中、既存の教育に沿わす形で、事前教育を充実させるのってどうなんでしょう???

個人的には、入学前後の年代の幼稚園保育園の先生ひとりあたりの子どもの数や小学校の1クラスの人数って多いと思うので、まずはきめ細かく見られる人数にしてほしいし、教員や教員志望者が少なくなる中では、教員免許など教員になる条件について再検討されるべきかと思う。これは、教員免許なくても大学での教育に携わっている者として思うことではある。
小さければ小さいほど発育には差があるのに、こんなプログラム必要だろうか。ばらつきを許容できる社会にする、という方向に発想がいかない国では、マイノリティは生きづらいだろうね。