新着Pick
306Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本経済の柱、自動車産業は大丈夫なのか。

「すりあわせ」という日本の強みが生きる分野ですが、EVの普及とともに、テレビや家電の世界を激変させた水平分業という激震が訪れようとしています。

この大変革の追い風に乗ろうと、新規参入を発表したのが中国の雄ファーウェイ。彼らがどのような世界を構想しているのか、そして現在地はどこにあるのか。

詳しく話を聞いたところ見えてきたのは、「スマホ化する自動車製造」という未来像を見すえつつも、部品サプライヤーとしての食い込みという現実路線という道でした。
スマホというデジタルとフィジカルの接「点」が「面」になり(インターフェース)、さらによりマルチモーダルで没入型の「空間」そのものがインターフェースならぬインタースペースになる流れはもう不可避で、実際にその流れが起こりつつあることは、昨今の半導体不足で生産が止まったのがスマホと車だという点を見ても自明。

インタースペースのノウハウを今一番持っている業態は実は既存の自動車会社で、ダッシュボードやハンドル、ペダルといった視覚や音声、基礎的な機械的装置だけではなく、シートのグラブ感や運動感覚、サブコンシャスな質感や疲労などに至る多様なモダリティで、身体と情報との接点構築とその統合を行っている。実は自動車関連でこれから価値化するのはこちらのマルチな接点としての構造(とそこで取れるマルチモーダルな情報とアクチュエーションの手段をネットワークに接続可能な記述性)のほうで、むしろタイヤとエンジンは不可欠ではなくなる(車輪のないマルチモーダルの没入型ポッドがあることが価値で、移動媒体が一体である必然性はなく、接続可能な自律的なモビリティとして別途リモートで扱えればいい)。

さらにその先には、車よりより複雑で人の移動や複数の同居が可能な「住宅」というより複雑でハイモダリティな「デバイス」への移行があり、さらにはより大型で公共性の高い「建築」、そして「都市」そのものがインタースペース化する方向へと、時代は不可避的に流れていく。その流れでスマホメーカーと自動車メーカーが競合していく(特にEVへの世代交代がある中で、これまでのガソリンエンジンメーカーの優位性が大きく揺らぐ中で)動きはまだ序章でしかない。

GoogleやAlibabaが都市のプラットフォームに投資をするのはそういうことだし、むしろ物理的実体を持たない世界からの環境構築や複合的エージェントの自律的操作に関するノウハウで、逆方向から入ってこようとしているのがゲーム会社(深圳の本社や再開発が話題のテンセントしかり、Epic Gamesしかり)。それらは全て同じスペクトルの上に乗っている。

主戦場はデジタルとフィジカルの境界面(もとい境界空間)。データ単体の連携や構造も大事だけれど、ここをしっかり見て(フィジカル側の解像度を活かして)戦略的な投資をすることが、日本企業が次の10年で強みを作れる必須条件。
正直あまり新しい話ではないですね。O/S開発、モジュール化、スマホ化、もう随分前から言われている話ばかり。

一点、自動車と携帯電話で違いがあるなと思うのは、自動車をエンジンがあって、地面とタイヤを介して設置し駆動する移動ツールと捉えると、その用途が携帯電話よりも多様化しているし、多様性を持って発展、住み分けが起きうるということでしょうか。

その中で、GAFAなど大手企業ほど、その共通基盤となるO/S領域や自動運転領域に興味を持っている。

ファーウェイ含め中国企業がその中でどの用途を狙い、バリューチェーンのどこを抑えていくのかは注目です。バッテリーや半導体を国として強みにしていくでしょうから、その強みをどう活かして、また提携戦略や買収戦略が実施されるのか、この辺りは注目です。ただ、「中国」という色がつきすぎることで、米国を中心に大きな反発があるでしょうから、その辺りもどうなっていくのか目が離せません。
軽トラとファミリーカーの2台所有ですが
圧倒的に軽トラの使用頻度が高く、家族5人全員で移動というのも年10回ぐらいかなという感じなので、後者はシェアリングやレンタルで十分だなと思い始めています。ファミリーカーなどの空間移動的な車はどんどんスマホ化してもらえればと思います。
一方で道具移動的な軽トラなどの作業車はどうなっていくのか興味があります。
もともと大八車だったのがオート三輪になり軽トラが誕生してから50年ぐらい次の進化形がそろそろ出てきてもと思います。
雨の日も風の日も色々運んで荷台を作業代替わりにして山でも活躍ととても相棒感が強いんですよね。
これ以上軽トラに何を求めるのか?と問われてもなかなか思いつかないのですでに完成形なのかもしれませんが。
いつも参考になる高口さんの記事、以下の部分が大事なポイントですね。

(以下、記事中から引用)
また、モノでは儲からないというスマホ業界と同じ課題が自動車業界にも押し寄せてくると言う。
「車作りの利益率はどんどん低下している。ハードウェアの利益率は5%程度しかない。ソフトウェアのサブスクリプションや追加機能販売ならば利益率は30%を超える。ビジネスモデルの転換が必要だ」
スマホのハードウェアで高い利益率をあげられるのは、唯一無二のブランド力を持つアップルぐらいで、他の事業者は薄利多売に甘んじるか、ソフトウェアやサービスなど別の利益源を求める必要がある。
スマホでこの戦略を明確に打ち出しているのが、シャオミ(小米科技)だ。ハードウェアの粗利率は5%以下に抑え、それ以上の利益は狙わないと公言。アプリストアや広告、動画などのサブスクリプションで稼ぐ戦略を採用した。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
自動車というものの捉え方の視点を変えるという意味で、自動車「スマホ」化計画は興味深い動きだと思います。自動車業界ではない業界始動での違う考え方から自動車市場を再構成することはあるべき動きでしょう。
この考え方が一番怖いですね。
無理を可能にしていくのが技術ですし、社会ですし、人類です。
無理と楽観しているうちに他所では可能になっていくのでしょう。
>> こうした危機感が広がる一方で、高い安全性が求められる自動車には水平分業は無理との反論もある。
Huaweiの戦略より、記事内の上海汽車のトップの発言が興味深い。当たり前だが、個々のメーカーとしての譲れないラインもある(が、政府の戦略の影響力も強いのも現実)。
水平分業も、すり合わせがあってこそだと思うけど。
差別化して、抜きん出ようとすれば、すり合わせが出来る方が有利ではないかな。
スピードという点では、マイナスかもしれませんが。
この連載について
中国などの世界最新ビジネストレンドを紹介する週間連載。独創性にこだわりすぎず、競合の長所はすぐ学ぶ。「Think Different(異端であれ)」より「Think Different, Later(やってから考える)」な事例を取り上げる。
Premiumを無料で体験
登録・ログイン