新着Pick
136Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
働く曜日や時間を、はたらく人自らが全面的に決められる制度、一人一人がチームの中で求められていることをしっかりと把握している限りにおいて機能するという印象を受けました。

他のチームメンバーの仕事が自分の行動やアウトプットに依拠している場合は、自分にとって都合が一番いい時間ではなく、チーム全体にとって一番良い時間に合わせていく、というマインドセットがないと組織として回らなくなってしまうかと。そのあたりのプロフェッショナルとしての責任感がある人たちで集まるしっかりとした成熟した組織であればこの制度で気持ちよく働ける人が多く、かつ結果もしっかりとついてくるのかと思います。

個人的には、仕事と家庭、はたらく時間と休む時間のバウンダリーが大切なのと、子どもたちの保育園の関係から、きっかりと平日の決まった時間のみ仕事に集中するというのが好きです。
色々な価値観やそれぞれの状況に合わせて一人一人の一番良い働き方がうまく交差しあう組織で働けるのが幸せかなと思います。
週末より平日を休みにする方がレジャーを楽しみやすい人もいるでしょうし、働き方の選択肢が増えるというのはいいと思います。
ただ、現実的には、土日に仕事をする選択は、職種が限定されてしまうかもしれませんよね。取引先、顧客、ベンダー、同僚とのコミュニケーションなしで仕事を進めることができる内容であればいいかもしれませんが。チームワークなどが必要な仕事も週末は難しいかもしれません。自分にとって、会社にとって生産性が上がり、周囲とのコミュニケーションも円滑にとれるのであれば、問題ないのではないでしょうか。
この考え方を取り入れて自分でスケジュール管理することを実践してはどうだろうか?
チームで働くことの多い場合、どうしたらそれぞれのペースを尊重しながら 個人の希望を活かすのかを真剣に考えることの必要。 勝手に働くのせはなく、ベストな働き方を模索したい。
週7日フレックスで勤務できるのは、個人のタイムマネジメントとしてはとても効果があると思います。ただ時間外や休日に割り込みで電話をかけるような行為は慎まないと成立しないですね。そういう傲慢な人いますから
ふと思ったんですけど、日本のフレックスタイム制ってもともとこの考え方だったのかな?

そうじゃないと1ヶ月の労働時間の総枠が
暦日☓{40h(週5日☓8h)÷7日}
っていう計算式になるのおかしくない?

31日の月は177時間
30日の月は171時間
小数省略)

ゴールデンウィークで休日が沢山あろうが、土日の数の関係で月の営業日数が多かったり少なかったりしても、177とか171で固定。

清算期間(だいたい1ヶ月)の営業日数☓8時間を法定労働時間にするほうが自然なのに、土日や祝日を考慮しない法定労働時間を設定するってことは、考え方としてはそういうことなのかなと思った。
曜日関係なく時間関係なく働けるというのは、いいことだけど、記事にもある通り休むことに対する態度やそれを生む風土が大事かと。中途採用多いならば前職までで身につけたり、そもそもご本人の持つ価値観の違いが、休みに対するネガティブな態度を生む。そうなると休みにくい雰囲気になってしまう。そういうことにならないよう、風土作りは大事かと思う。
週7日勤務はよい。毎日仕事はするけど、1日の労働時間はそれなり。朝夕とゆっくり家族の時間をとりつつ、昼間は仕事をする。ぼくは仕事とプライベート共存派なので、そのほうがよい。
週7日勤務の考え方はよさそう。