新着Pick
304Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
データを示した論文などは発表されておらず、このデータは続報を待つ必要があると思います。

そもそもの95%という有効性の数字は、ワクチンの第3相試験の結果から来ています。これはワクチンを接種した群で接種していない群(偽薬を接種した群)とを比較して、ワクチンを接種していないグループでは100人、ワクチンを接種したグループでは5人という割合で発症者がみられたことから95%の有効性という数字になっています。臨床試験では被験者(つまりワクチンを打たれた人)は本物のワクチンを打たれたかどうかわからない状態になっています。記事には64%という有効性の数字が書かれていますが、これは恐らく臨床試験の状況とは全く異なるものであり、単純に比較できる数字ではないと思います。

一般論として、ワクチンがどれほど効果をもたらすかは、①臨床試験でのワクチンの有効性、②ワクチンの種類と変異株との組み合わせの相性、③国民の中でのワクチン接種普及率 によって規定されます。組み合わせの相性に関してはもはや運次第ですので、やはり国民のワクチン接種普及率を高めることが、集団免疫の達成には重要だと考えられます。
重症化が抑えられれば十分。それにmRNAは仕組み上はある程度変異には強いはず。インフルエンザワクチンのように不活化ワクチンだと変異に合わせてワクチンを開発しなおさないといけない。ポジショントークもあると思うが、ファイザーはインフルエンザにも応用していく方針を既に出しているかと。これまでmRNAが浸透してこなかったのは、毎年打ち直すインフルエンザワクチンで儲かったからではないか、とも思うので手のひら返しは微妙だが。
いろいろ、情報が提供されることは、目隠しされ、誘導されるよりは、はるかに良い。

しかし、素人には、予防効果の「64%」と「95%」との違いがわからない!

また、そもそも、比較可能な数値なの?

他の条件が全く同一にコントロールするなんてことは、実験室以外ではあり得ないので、比較におけるノイズが除去できていないと思うけど。
医学では、こういう比較法なの?
イスラエル保健省が、ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンの予防効果が低下しているとの報告書を発表。気になる情報です。
ーー
報告書によると、無症状を含むコロナ感染症に対する予防効果は6月6日時点で約64%、入院や重症化予防での効果は93%
それでも全員打てばギリなんとかなる数字。
ファイザーと同じ仕組みのモデルナも似たような感じになるのかな?mRNA以外はどうなんだろう。
デルタ株とその流行前のデータとの比較の話。
以前発表したデータが間違いだったと考えるのは飛躍。

https://www.timesofisrael.com/ministry-data-said-to-show-pfizer-shot-blocks-majority-of-serious-delta-cases/amp/?__twitter_impression=true

significantly less effective against preventing the spread of the Delta variant of the coronavirus.
いや、効果バツグンじゃないですか

> 入院や重症化予防での効果は93%。