[東京 5日 ロイター] - 菅義偉首相は5日、衆院選の前哨戦となる東京都議選で、自公で過半数を実現できなかったことについて「謙虚に受け止める」との認識を示した。官邸内で記者団に語った。

都議選の結果とは別に「まん延防止の結論も早々に出さなければならない」とし、週内にも延長是非を判断する考えも示した。静岡県熱海市の土石流被害を念頭に「災害対策にも全力で取り組んでいく」とも語った。