新着Pick
172Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
まず「留学生」と一言でいっても、日本語学校に通う学歴・経歴が雑多な人たちと、大学院の博士課程に在籍する高度人材とかなりの多様性があります。高度人材と言われる人たちは、生活がある程度出来る奨学金をもらっていたり、その高度スキルを活かしたコンビニよりも高給であるアルバイトなどをしているのが大半です。

コンビニでアルバイトをする留学生は、こうした高度人材にそもそも当たらない層で、そういう留学生たちにとって今まではコンビニで働くというのは生活のために他の仕事がないから働くという消極的な理由が主だったかと思います。
今回のセブン&アイの取り組みは、それまでの消極的選択からのコンビニバイトというのを、今後のキャリアのためという積極的選択に変えていく素晴らしい可能性を秘めたものだと思います。

ただ日本の就労ビザは、これから働く仕事に関連する専門を大学の学士レベル以上で修了しているか、その分野における実務経験が相当年数あることを条件に発給されます。そのため、コンビニバイトをする留学生が色々なトレーニングを受けてスキルを身につけても、必ずしも日本国内でそのスキル関連の仕事に就職出来るわけではないというのは、このプログラムに参加する留学生や関係者に認知される必要があるかと。

正しい情報をしっかりと伝えながら、この新しいプログラムが成功し、コンビニで働くのが誇りだと思える留学生が一人でも増えるといいなと願っております。
少し別の見方をすると、日本では高度人材でない層の労働力が足りず、「売り手市場」という、世界でも珍しいマーケットになっています。

外国人店員の人生を企業としてサポートすることはもちろん素敵ですが、ここまでしないと人材確保できないということでもありますね。

このようなサポートは企業としてしっかりとやりつつ、個人的に望ましいと思うのは、店舗運営における無人化を進めるための投資を行うことです。

ファミリーマートはかなりセルフチェックイン端末を増やしている印象ですし、米国AmazonはAmazonGOのプラットフォームを外販する展望も持っています。

業界リーダーであるセブンイレブンには店舗運営でも1つ上のレベルを実現してほしいと思います。
確かに東京のコンビニでは、外国の方が主力だな「留学生は「日本人に比べてクレジットカード発行や住居契約のハードルが高い」(セブン&アイ)といった悩みを抱える」日本の行政は外国人労働者に対して厳しいなと思うのでそこを人材を呼び込みたい企業が支援というのはありなのか?とは思います。
逆に言えば企業がここまでしていることを政策にも反映されたほうがいいのだろうか
「人生設計を支援する」という言葉が本物であって欲しい。そうなるためには国の移民政策も抜本的に変えていかなければいけない。
中期的には省人化の流れあれども足元では人材確保は必須。セブンのキャリア支援は仕事を選ぶ時の大きな優位性になりそうですね。
これから優秀な外国人人材は重要な経営リソースになります。お金だけではなく、日本のオモテナシの精神を引き続いでいきたいですね。
外国人技能実習に関して海外から体の良い奴隷制度ではないかと批判されるなど、外国人に対する日本の問題が指摘される中、企業がこのような手を打つことは外国人に対してインクルーシブな国に変革する流れになるのではないでしょうか。

このシステムの開発や運用や利用に、厚労省は補助することなどを検討してはどうだろうか。国が背中を押す姿勢を見せるべき時だと思う。
アルバイトを採用するための宣伝効果しかないような。
実際にアルバイトを採用するのはフランチャイズオーナーなので、キャリア支援がどの程度ワークするか疑問。また、就業実績をデータベース化したところで、アルバイトの勤務実績がどこまで受け入れられるのか。
セブン&アイが正社員で雇用してキャリア支援するなら分かります。
グローバル企業の内部リスキリングシステムが進んできた。
これ、実は日本人にも必要だし役立つようにも思うのですが…⁉︎
株式会社セブン&アイ・ホールディングス(英語: Seven & i Holdings Co., Ltd.、通称表記:セブン&アイHLDGS.)は、セブン-イレブン・ジャパン、イトーヨーカ堂、そごう・西武などを傘下に持つ日本の大手流通持株会社である。日経225及びTOPIX Core30構成銘柄である。 ウィキペディア
時価総額
4.60 兆円

業績

Premiumを無料で体験
登録・ログイン