新着Pick
336Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
東京UPDATEの都議選特番をご覧いただいた皆様、ありがとうございました。

「勝者がいない選挙」
自民党は、第一党とはいえ狙ったほど伸びず(25→33)、都ファは議席を減らし(45→31)、立民は増とはいえ、前回が少ない(8→15)。公明は同数(23)、共産は微増(18→19)

小池知事は大きな存在感を示しましたが、都ファも自公も過半数ではなく、今後、各所に配慮した都政運営を求められます。コロナ対策や五輪等もあり、自公政権と対立することもプラスではない、とお考えでしょう

投票率が、かなり低い(42.39%)
投票に行かないのは、①政治に関心が低い、②都政・国政に失望しているが、一方、他党や候補者にもいいと思う人がいない、(③コロナや雨で出かけたくない)
与野党ともに、②の「無言の抵抗」の意味を、重く受けとめる必要があると思います

野党共闘は一定の結果が出ましたが、小選挙区制の衆院選でこれをやられると与党候補者は本当にキツいんです

コロナ感染再拡大で、東京の新規感染者と療養者数は、既にステージ4ですが、新規感染者の6割が30代以下で、以前に比し高齢者の割合が低く(5.4%)、病床にはまだ余裕があり、重症者・死者数も増えてはいません。ただし変異株や五輪の影響が、今後どのように出てくるか、心配です

今回の結果は、政権のコロナ対策や五輪への民意を反映しています。したがって、五輪を「開催はするけれど、無観客」等、国民感情に誠実に対処しないと、大変なことになるということかと

選挙前「自公で過半数の見込み」と報道されました。(※私は、最近の世論の反応を見れば、そんなことないんじゃないか、とは思っていましたが)。この報道は、自民党にとっては、全くの逆効果でした
これは“選挙あるある”ですが、事前に「かなり勝つ」と報道されると、支持層に「じゃあ、自分は投票に行かなくてもいいや」という人が出るのと、浮動票に「今回入れようと思ってたけど、別の人に投票しよう」という人が出るので、どの選挙でも、事前報道は少し厳しめくらいがよい、と言われています


コロナ対策始め、国も地方も、政治も行政も、現場で携わる方々も、大変なご苦労が続いています。その場所を経験し、そして離れてしまった今の自分は、批判ではなく、政策と現場や民意をつなぐ建設的なことを、言うようにしたい、と願っています
自公で過半数が取れなかったので小池知事に不信任案を出すことができず、迷走の小池都政は首の皮一枚でどうにかつながった。また都議会のドン内田の娘婿が千代田区(1人区)で落選。ついに内田帝国は消滅。昨日が自民党都連ドン支配の歴史的命日となった。
確かに、選挙は大事かもしれないけど、さんざん的にされた感のある飲食店サイドから見ると、どんなに対策したとしても街頭演説、投票所、各選挙事務所。選挙はどうしても人を集めるという性質上、感染者を増やすというベクトルで見れば、無関係とは思えないですが。。ほとんど触れられてませんが。。対策を取ってるというでしょうが、その言い訳が選挙は良くて、飲食店はダメだというのは自分はいまだにものすごく違和感があります。。
雨で投票率が下がったのだとしたら、選挙システム脆弱すぎませんか?
ハメハメハ大王のことを笑えません。

雨でも投票率下がらない、もっといえば暇な高齢者と忙しい若者の投票率が変わらない仕組みすなわちオンライン投票の実現を早くお願いします。
都議選、小池さんにとって理想の結果に。病気を理由に全面対決を避け自公に恩を売り、最後一日で自分の存在感を見せつけた。自民党復党からの大臣、更には総理の目も出てきた。権力や世論という空気感を読む力はバケモノじみているな…
一番の勝者は全員当選した公明党かも(なんだかんだで難しいと言われていたのに、これはすごいよ…)スーパー大連立が始まるのかな…
自公と小池さん。痛み分けの結果。
なんだろうこの仕込まれた安いドラマのような展開は。。。

何も変わらないまま、オリンピックを迎えて
コロナ対策はボチボチ後手に回る。。
ジリジリ後退していく感じ。良くないですね。
これは自民党の敗北と捉えて良いでしょう。まあ妥当な結果です。
小池知事が距離を置いていたにも関わらず、都民ファーストが想定外に健闘しました。

これは小池知事にとっても想定外だったのではないかと思います。

都民ファーストの会との間に微妙な亀裂が生じるのではないでしょうか?

「あなたがいなくても私たちは勝った」と都民ファーストの当選者たちが思うようになると、小池知事の影響力に陰りが出るかも…。
都民ファーストが大幅減したのは、「小池フィーバー」下の前回選挙が特別の条件下だったから。前回の一人勝ちが異常だった。フィーバーは永続的でないからフィーバーと呼ぶ。立憲民主党候補者当選が大幅増したのは、前回、都民ファーストを支持していたが、今回、熱が覚めた人が立憲民主党候補に投票したから。「脱・都民ファースト票」の受け皿になったのが立憲民主党候補者だった。自民党候補の票が伸び悩んだのは投票率が低かったことが影響したことと、もうひとつは最近の政府の施策と政治家の発言などを聞いて有権者は自民党が庶民の声に耳を傾けていないと感じているからだろう。これほど国政と絡み合った都議会議員選挙もめずらしかった。各政党の勢力が拮抗し、若い候補者の躍進が目立ち、女性候補者当選が目立った。ようやく都議会選挙が選挙らしい選挙になってきたと思った。
Premiumを無料で体験
登録・ログイン