新着Pick
237Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
国政の自公政権へのコロナ批判票が、都民ファーストや立憲民主、共産へ流れたとみられます。公明は「全員当選」が厳しいとみていましたが、最終的に23人全員当選を今回も果たしました。一方、自民は第一党に返り咲きましたが、事前の予測より伸びませんでした。自公ともに組織選挙のあり方が問われる、分岐点のような選挙になったと思います。

秋の総選挙へ向けて、自公と小池知事の関係性が焦点になりそうです。その意味では、都議会での自・公・都民ファースト3者の立ち位置がどうなるかにも注目したいです。
選挙権持ってはじめて出口調査されました。約26000人との事なので凄い確率ですよね。
選挙結果は思ったよりも都民ファが検討していますが、その理由はこの辺でしょうか。
出口調査
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210704/k10013119541000.html?utm_int=detail_contents_news-related_003

"小池知事の都政運営について聞いたところ、
▼「評価する」が64%、
▼「評価しない」が36%でした。

菅内閣を支持するかどうか聞いたところ、
▼「支持する」が39%、
▼「支持しない」が61%でした。"
強気の候補擁立(60人)を進めた自民だが、一部選挙区の出口調査では自民支持層の6割程度しか投票しておらず、残りが都ファなどに流れたということで、複数人区で複数擁立したところの取りこぼし、共倒れが目立った。

結果、相対的に得票第一党であっても、議席数では都ファにほぼ並ばれるという結果だった。自公で過半数がとれない以上、都議会で物事を決めるのに都ファを外すことはできず、小池都政は自民、公明、都ファの「3与党」体制で動かしていくことになりそうだ。
ゴミの中からマシなものを選ぶのが選挙ってスタバでJKが言ってました。投票してきました。


なんとかWeb化できないんですかね。。
なんも知らないで発言すると、仕組み次第ではマイナンバーカードとかでできる?
まさに「勝者なき闘い」でした。ただ、自民は唯一「敗者」に分類されると思います。自民の今回の獲得議席は、民主党(当時)に敗れて政権交代につながった2009年の都議選の38に届きませんでした。事前の調査では、自民は獲得議席が50を超える可能性も指摘されていただけに、直前の失速と言えます。やはり、コロナ対策のチグハグ、後手後手、五輪で酒類提供を一時検討するなど今の社会の生活感覚を失した対応が「反自民」の空気を醸成しているのだと思います。投票日直前に露見したワクチンの需給ギャップも影響したと思われます。もし、五輪で感染爆発が起きたりすると、政権は相当厳しいことになります。政権は、頭を切り替えて、とにかく五輪感染を起こさないことに全力を注ぐべきでしょう。それが、社会のためでもあります。
自民党は最終的に33議席で第一党にはなりましたが、過去の相場と比べると、民主党政権ができた2009年の38議席も下回ったという意味では大敗といっていいレベル。強い野党が現れたら、下野もありうるくらいの水準です。これからどう立て直すかですが、小手先ではなく、コロナ対応と五輪対応で信頼を得ていくほかないと思います。
東京UPDATEの都議選特番をご覧いただいた皆様、ありがとうございました。

「勝者がいない選挙」
自民党は、第一党とはいえ狙ったほど伸びず(25→33)、都ファは議席を減らし(45→31)、立民は増とはいえ、前回が少ない(8→15)。公明は同数(23)、共産は微増(18→19)

小池知事は大きな存在感を示しましたが、都ファも自公も過半数ではなく、今後、各所に配慮した都政運営を求められます。コロナ対策や五輪等もあり、自公政権と対立することもプラスではない、とお考えでしょう

投票率が、かなり低い(42.39%)
投票に行かないのは、①政治に関心が低い、②都政・国政に失望しているが、一方、他党や候補者にもいいと思う人がいない、(③コロナや雨で出かけたくない)
与野党ともに、②の「無言の抵抗」の意味を、重く受けとめる必要があると思います

野党共闘は一定の結果が出ましたが、小選挙区制の衆院選でこれをやられると与党候補者は本当にキツいんです

コロナ感染再拡大で、東京の新規感染者と療養者数は、既にステージ4ですが、新規感染者の6割が30代以下で、以前に比し高齢者の割合が低く(5.4%)、病床にはまだ余裕があり、重症者・死者数も増えてはいません。ただし変異株や五輪の影響が、今後どのように出てくるか、心配です

今回の結果は、政権のコロナ対策や五輪への民意を反映しています。したがって、五輪を「開催はするけれど、無観客」等、国民感情に誠実に対処しないと、大変なことになるということかと

選挙前「自公で過半数の見込み」と報道されました。(※私は、最近の世論の反応を見れば、そんなことないんじゃないか、とは思っていましたが)。この報道は、自民党にとっては、全くの逆効果でした
これは“選挙あるある”ですが、事前に「かなり勝つ」と報道されると、支持層に「じゃあ、自分は投票に行かなくてもいいや」という人が出るのと、浮動票に「今回入れようと思ってたけど、別の人に投票しよう」という人が出るので、どの選挙でも、事前報道は少し厳しめくらいがよい、と言われています


コロナ対策始め、国も地方も、政治も行政も、現場で携わる方々も、大変なご苦労が続いています。その場所を経験し、そして離れてしまった今の自分は、批判ではなく、政策と現場や民意をつなぐ建設的なことを、言うようにしたい、と願っています
自公で過半数が取れなかったので小池知事に不信任案を出すことができず、迷走の小池都政は首の皮一枚でどうにかつながった。また都議会のドン内田の娘婿が千代田区(1人区)で落選。ついに内田帝国は消滅。昨日が自民党都連ドン支配の歴史的命日となった。
投票率低さの要因に天候を挙げる方がいらっしゃるが。

そうじゃないと思いますよ。

コロナにオリンピックっていう最中、なんで選挙なの?って方が多いと思う。
今やるのはそれじゃないだろ、と。
あり得ないなぁ。都民ファースト支持してんの?もしくは選挙にいかないの?この対策で散々な対応してるのに。
マジでそんな都民の皆様に大きく失望し、絶望感です。ありえない。