新着Pick

多国籍会議もラクラク? ZoomがAIリアルタイム翻訳企業を買収

ギズモード・ジャパン
Photo:Shutterstock機能実装はよ!いくら文字の翻訳技術が進んでも、リアルタイムでの外国語での会話って難しいですよね。そんな中、今をときめくビデオチャットツールのZoomはAI(人工知能)リアルタイム翻訳技術を手掛けるKites社を買収し、機能強化を目指すと表明しているんです。Kites社はドイツのカールスルーエ工科大学からはじまったスタートアップ企業で、講義の英語やドイツ語を生徒が
15Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
先日国際会議で自動文字起こし込みでZoomだったのですが,質疑等のときに非常に便利でした.ちょっと理解できなかったところとか,聞き逃した単語とかが残ってくれるので,仮にそこまで正確でなくても十分役に立つと感じました.
翻訳についても,完璧でなくてもちょっとしたキーワードを拾ってくれるだけで十分役に立つだろうと思います.あとはどれくらい翻訳に遅延が入ってしまうかぐらいですかね.遅延が大きい場合には,人によっては英語の文字起こしの方が便利だったりするかもしれません.
機械学習によりどんどん翻訳精度が向上することで、国境を超えた言葉の壁が無くなりますね。

英語への苦手意識が強い日本人にとって、DXによる翻訳機能の技術革新は追い風だと考えています。
実装は未定でまだまだ越えるべきハードルは高いと言えども、ミーティングにヴェビナーにより広がりが出るので楽しみですね。