新着Pick

メンタル不調時に「食べてはいけない」3つの食材

東洋経済オンライン
肉好きなら、鉄板の上でジュウジュウ音を立てた厚切りステーキを食べると、心は満足、脳は快楽を覚えますが、お腹は大変です。大量の消化液とともに大量の酵素が動員され、体はへとへと。「もう動きたくない」「ど…
126Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
非常にキャッチーなタイトルですが、
正直、お腹が多少大変であろうが、食べたいものを食べたらよいと思います。
うつ状態の時は、食べる気力もわかないこともあります。
難しいこと考えずに、なんでもよいから食べたいものがあるならそれでよいですし、なによりまずはメンタルの回復が一番です。

これらを断つことでメンタルが回復するわけではありませんので、無理して断つことはないですし、食べ物で心が満たされることは非常に大事です。

ただし、糖尿病の方が糖質を控えた方がよいなど、持病に伴う食事制限は重要ですので、かかりつけ医のアドバイスに従って下さい。
こころのクリニックの院長先生が書かれた本の紹介記事です。悪いものは以下の3つ。詳細は記事からご確認ください。

1 厚切りステーキ
食べること自体(消化吸収)にエネルギーを使い、疲れますので、「消化に時間を要する厚切りステーキなどには気を付けましょう」とのこと。食べると眠くなりますし、体感的にもわかります。

2 コンビニのお惣菜
添加物(防腐剤など)により、腸内細菌叢を乱します。「腸内細菌は脳の正常な活動に関連していると最近言われています」とのこと。腸内細菌がいろいろと重要なことは知っていましたが、「腸に多く存在する神経細胞が、脳の神経細胞に関係しているに違いない」とのこと。どうなのでしょう、発展途上の研究に思えます。

3 白砂糖、白いごはん、白いパン
これらは、糖尿病の時に摂取に気を付けるべき「悪玉三銃士」であることはよく知られた事実です。これらは血糖の安定的な維持に悪影響を及ぼすため、体内で血糖の急激なコントロールに備える物質(アドレナリンなど)を出すのですが、それがメンタルの不快な症状に結び付くとのこと。

すでに本来の悪影響は知られているところですが、「メンタルにも悪い」というところが新鮮かもしれません。それでも、多分、本来知られている悪影響の方が、本質的にはるかに危険だと思います。私見ですが、タイトルとしては「食べるときに『気にすべき食材』」の方がしっくりきます。
いわゆる「メンタル不調」は、医学的には「適応障害」や「うつ病」という診断名に該当することが多いかと思います。こういった状態のときには食欲がわかず、頭痛、吐き気、不眠など体の症状が出る場合もあります。普段は好きでよく食べているものでも食べる気が失せることもあり、逆に言えば普段好きな食べ物が欲しくない場合にはメンタル不調のサインかもしれません。こういった時には食べ物について考える余裕がないことが多いので、食べられそうなものを食べるように患者さんにはアドバイスしています。
この記事のタイトル以上に書籍のタイトルに驚愕しました。
うつが消える食事 さすがに攻めすぎではないでしょうか…
人体は非常に複雑で、気持ちの影響で病気が治ることすらあるため、食べ物に気を使うことでストレスを感じてしまうようなら、気にせず好きなものを食べるのがいいかもしれません。

糖質については、自分の身体で実験をしたことがあります。
フリースタイルリブレという24時間血糖値計をつけて、常に血糖値の上下を計測しました。

糖質は、量よりも、「食べ方」が非常に重要でした。
記事の通り、血糖値が急上昇すると、インスリンの過剰分泌で急下降するのですが、その際に、眠気や疲労感が出ます。
そのため、吸収が早い精製された糖質を、空腹時に一気に流しこむ、というのは確かに避けた方がいいと思います。

玄米や全粒粉などの吸収スピードの遅い食品を中心とする、というのが辛い場合には、
糖質の前にサラダを食べるというだけでも、血糖値の急上昇を抑えることができます。
ベジファースト、というのはしばしば言われる作法ですが、確かに実感できるほどの違いがありました。

また、腸内細菌と脳による脳腸相関は、近年のトレンドでもあります。

肉を控えたり、断食に関しては、確たるデータやメカニズムを知らないので、慎重に判断したいですが、

精神を整える上では、食事、運動、睡眠と社会的なつながりが重要というのは間違いないので、基盤として整えるのは大切だと思います。

一方で、「うつ」というのが単なる気分の落ち込みではなく病気としての「うつ」のことであるなら、適切な診断と治療を受けることが重要かと思います。
不調なときは、特に昔ながらの自然のものを食べると良いといったところでしょうね。
怠くてやる気がない時は、大分県NP友達から取り寄せているお米を炊き、キムチと卵焼きをおかずにして、ご飯食べています。

白米がダメだと言われる方が、鬱になりそうです。
興味深い記事。 当てはまることが多い。
食事は体調だけでなくメンタルにも大きく影響を与えると思います。個人差はあるものの、参考になるところもあると思います。
夕食後、その翌日は朝食を抜き、昼食をとり、また夕食。これが消化器官を休めると、続けていますが、結局は何が一番いいのか分からないのが現状。ただ年を重ねるにつれて、食べすぎると翌日もたれるようになりました