新着Pick
83Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
二輪の利益率が13%に対して四輪の利益率は1%しかない。
EVを始めとした新世代モビリティへの投資は莫大だし、F1を続けるという決断はできないでしょう。

私たちの世代(今の50代)は、パナソニック(当時は松下電器)よりソニー、トヨタよりホンダが好きな人が多い。ソニーは見事に再生した。次はホンダの番だと思います。

EV、自動運転の両方でGMと組んだことは正しい選択だと思います。その中でホンダしかできないことが何なのかを考え抜くことが生き残る道だと思います。
今週で5連勝なるでしょうか?昨年のオフシーズンにF-1開発責任者の浅木さんが、前社長の八郷さんに「新骨格」を直談判して、パワーユニットを全く新しく、丸ごと作り替えた成果の賜物ですね。

あらゆるモビリティの心臓を作ってきたHONDA、どんな壁でもまだまだこれからどんどん素晴らしいパワーユニットを開発して欲しいです。

F-1はなんとか有終の美を飾り、ドライバーズポイントもコンストラクターポイントも共に世界一を獲ってほしいです。
本田技研工業であり、ホンダ自動車ではない。
エンジニア集団の哲学と誇りを感じるフレーズです。
脱炭素を始めとした社会課題への対応は不可避ですが、ホンダにとっては死活問題であり、こういう時こそ軸がある事が重要になるかと思います。
ロケット事業も始めるしね
この言葉に痺れました。
「我々は『本田技研工業』であり『ホンダ自動車』ではない」
ホンダはいつもの事。

良くも悪くも続けるというポリシーは無い。
モビリティのCASE化が進むと、よりプロダクトは性能でなくブランドや好き嫌いで使われる様になると思う。その時に備えるなら、F1は良いコンテンツだと思うのだが。
哲学、思想で勝負するホンダならではの考え方ということでしょうか。
後で読みたい。
本田技研工業株式会社(ほんだぎけんこうぎょう、英称: Honda Motor Co., Ltd.)は、東京都港区に本社を置く日本の輸送機器及び機械工業メーカーであり、四輪車では、2015年度販売台数世界第7位、二輪車では、販売台数、売上規模とも世界首位で、船外機は販売台数世界第4位である。 ウィキペディア
時価総額
6.25 兆円

業績

関連記事一覧
フェルスタッペンがモナコ初制覇。ホンダとしては1992年セナ以来のモナコ優勝
AUTOSPORT web
37Picks

F1、ホンダが30年ぶり4連勝 角田は3度目入賞
共同通信
31Picks

【F1開幕】「負けたままでは撤退できない」エンジニアの誇りを懸け、ホンダが“前倒し”新PUで最後のシーズンに挑む
Number Web|選りすぐりの総合スポーツコラム
22Picks

レッドブル&アルファタウリ、2024年までホンダF1のパワーユニット使用を継続へ
AUTOSPORT web
17Picks

レッドブル・ホンダF1、新車『RB16B』を発表。ホンダF1“最後の挑戦”がついに始まる!
jp.motorsport.com
15Picks

F1第2戦、「角田裕毅×ホンダ」の活躍に期待せざるを得ないと言えるワケ
マネー現代
11Picks

「セナとプロストを“操る”のは難しかった?」鬼才ゴードン・マレーが明かす、33年前最強マクラーレン・ホンダのウラ側
Number Web|選りすぐりの総合スポーツコラム
4Picks

長いものに巻かれるホンダ、総合自動車メーカーをあきらめるのか(現代ビジネス)
Yahoo!ニュース
3Picks

「鈴鹿がないF1はF1じゃない」ドライバーも落胆強固な“バブル”も受け入れられず、関係者が日本GPを諦めた真相<ホンダ、最後の年に>
Number Web|選りすぐりの総合スポーツコラム
3Picks

「リトル・ホンダも」本田圭佑がポルティモネンセ移籍を正式発表! 欧州復帰への想いを明かす
サッカーダイジェストWeb | 専門3誌のオリジナル記事が満載!
2Picks