新着Pick
297Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
現地の地図を見ましたが、映像での土石流はすでに沢沿いを下っている状態で、元となった土砂崩れはかなり上流側で発生していることがうかがえます。
また、ハザードマップ上では土石流の警戒区域にばっちり包含される部分となっていて(もとより熱海はなにがしかの危険があるとされる区域のほうが圧倒的に多いのですが)、言ってみれば予想された災害が予想されたとおりに発生してしまったという状態となります。

この48時間での雨量も、熱海市網代で319mm、三島市で351mm、箱根町で688.5mmなどとなっており、いずれに7月としての雨量の記録を更新する値となっています。強い雨が一度に降るような、昨年の熊本の豪雨災害のタイプではなく、コンスタントに雨が降り、ついに山が限界を迎えて崩れるという3年前の西日本豪雨型の災害であるように見受けられます。

すでに雨はいったん峠を越えていますが、明日以降も断続的に雨となる状況が予想され、今回は大丈夫であったような場所でも、とどめの一撃のような形で土砂災害が発生することが予想されますので、ハザードマップ上で土砂災害の危険があるとされる区域にお住まいの方は、できる限り早めの避難を行っていただくのが良いかと思います。土砂災害はよく兆候があるとされますが、その兆候というのは実際にはすでに災害の発生初期を見ているのにすぎないことが大半です。災害発生前にしっかり避難するのが基本ですので、いつもの大雨警報などと油断せず、危険とされる区域の方は特にご用心をお願いいたします。
【追記】静岡県熱海市が市内全域に緊急安全確保(警戒レベル5)発表
ただちに命を守る行動を 約3万5000人対象。

神奈川県平塚市 警戒レベル5は解除です。

このエリア、急斜面に住宅や企業の保養所が建ち並ぶ地区です。地図上「河川」ではないようですが、伊豆山周辺は地質として火山灰から成り立っている地形です。映像の土砂のスピードから、斜面のかなり上の方から流れてきているとみられます。2次災害の危険性も高く警戒が必要です。
土石流は、土砂が、長雨や集中豪雨などによって一気に下流へ押し流される現象です。山津波とも呼ばれます。
時速20km~40kmとの速度で流れ、破壊力がとても大きいので、家や田畑を押し流し大きな被害をもたらします。

土石流は急勾配の地形や、荒れている所において注意が必要です。特に、過去に土石流が発生した場所は要注意となります。

この災害を機に、山の近くに住まれている方は過去の災害にも目を向けていただきたいです。
また今回の災害はハザードマップ通りですので、再度住んでいる地域のハザードマップを確認していただきたいです。

もし、土石流が発生した場合には土石流と直角に逃げましょう!
メガソーラーの近くだとも言われてますね。
地球環境、脱炭素のためにメガソーラーを設置したがゆえに、かえって環境を破壊し、人命が失われるなんて本末転倒だ。
この手の議論の難しいところは、部分最適のためにそもそもの目的を見失うところだ。
累積CO2排出量の増大とこれに伴う気候変動にて、日本各地で今後も突然の集中豪雨は増大するかもしれません。

あと、まともな事業者が運営するメガソーラーでしたら発電所の敷地内に計算の上で調整池(= 小さなダム)を作るので、これが原因で水害が起きるとは思えません。
(調整池の設置が義務でない小さな発電所になるよう分割されて発電所が作られている場合には、水害のリスクが低減されていませんので、話は別です。)
これはかなり深刻な状況ですね…。
背後の山でメガソーラーの造成をしていたところですね。>熱海市伊豆山地区

https://www.youtube.com/watch?v=g8DNJc0biCU

静岡県で、大雨が続いていたのは昨日までで、昨日は多くの人のスマートフォンで、しばしばアラートが一斉に鳴っていました。
 土砂崩れは雨が止んだ後しばらくたってから起きることもあるようです。
私の研究分野とは違いますが私が通う大学院では地滑りの研究が行われている研究室があります。雨の強度や地面の航空写真、傾斜などから地滑りが起こりやすい、あるいは過去起きたことがある場所などをマッピングするというものです。ドローンの技術もあって進んでいるようですが、劇的なものではなく利用できるのは難しいでしょう。ですが、こういった災害を目の当たりにすると、どうして今ないのかと考えてしまいます。
2014年8月に広島市北部で起きた土砂災害を思い出しました。あの災害では70人以上が犠牲になりました。広島は「まさ土」と呼ばれる花崗岩由来の砂ような土壌が広がっています。そのために表層崩壊が起きやすく、甚大な被害が出ました。その4年後の西日本豪雨でも広島は被害が出ました。いずれにせよ想像を超える雨が降ったためです。今回の熱海の被害ですが、私は東京の雨の降り方をみて、ここまで大きな事態になるとは思っていませんでした。火山性の土壌なのでリスクはあるとは思っていましたが、ツイッターに投稿された土石流の映像に驚愕しました。狭い範囲に猛烈な雨が降るのは「気象危機」そのものです。毎年のように水害に襲われる「新日常」の重さをかみしめます。
テレビのニュースで見たら大変な惨状でした。
東日本大震災のときの津波を思い出してしまいました…。

少しでも被害が少ないことを祈るばかりです。