新着Pick
132Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
四半期で20万台分の「電池」を供給できる凄さを改めて実感しました。

それだけの「電池」を安定的に供給できるのは、Teslaの強みです。

ただ、これまで「電池起因の火災」は、あまり発生していなかったと記憶していますが、最近のモデルでの車両火災の原因が「電池」だとしたら、品質管理に変化があったのか気になります。

それにしても、Elon Muskらしいと言えば、それまでですが、以下のコメントはないと思います。

(以下、記事中から引用)
これに対してマスクCEOはテスラ車の何倍も多くの内燃機関の自動車が炎上していると述べ、テスラ車1台の炎上がことさら大きく報道されることへの不快感をあらわにしました。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
テスラの20万台は、過去に量産できずに困っていた苦い経験を克服したことを象徴するものです。テスラは、EV専門メーカーですが、新しいクルマのカーエレクトロニクスを一新させるアーキテクチャでもリードしています。

3年前、シリコンバレーでテスラの本社にクルマで入ろうとしたら、外来客のクルマが多すぎて、クルマを整理するおじさんが二人もいて驚いたことがあります。来客の多いシリコンバレーでさえ、駐車場は十分確保され、そのようなおじさんは普通いません。テスラは例外でした。1台しか止められない所に2台縦列駐車させたりして、おじさんはさばいていました。
Q1は生産18万台、納入18.5万台だった。一方、中国の受注は減速基調(①)、ドイツ工場は当初よりずれ込み(②)。そして上海工場の拡張計画も凍結(③)。
過去からの受注残がどれだけあるか分からないが、それの消化モードに入っていないだろうか?少なくとも、しばらく生産・納入は物理的にあまり増える余地がないように思う。
一番ボリュームを稼いでいるModel 3については2016年発表、2017年発売。Model Sなどはもっと古い。他社もEVに力を入れる中で、ブランドはあるが、徐々にモデルサイクルをどうしていくかも気になるタイミング。

https://newspicks.com/news/5905432
https://newspicks.com/news/5966961
https://newspicks.com/news/5837881
これから新しいモデルS/Xの生産が本格化していくと、今年は年間100万台生産も無事に達成できそうな状況になってきた!年間100万台というとマツダやスバルがそのくらいの規模の自動車メーカーになります。
テスラが2日発表した第2四半期の納車台数は20万1250台と過去最高を記録しています。

プレスリリースは下記
https://ir.tesla.com/press-release/tesla-q2-2021-vehicle-production-deliveries
自動車信頼度「コンシューマー・レポート2020」がこれほど低い車(26位中25位)が売れているというのは、ミステリーでもあります。
https://www.wjsm.co.jp/article/life/a1234
『優れた技術が素晴らしい技術なのではない。”売れている技術”が素晴らしいのだ。』

トヨタの技術は良いですし、省エネ・環境問題の観点からも筋が通っているところがあります。

一方、テスラは品質問題を度々起こしては”炎上”し、トラブルを多く抱えます。しかし、着実に売れてきている。

テスラが売れてきたら、どうなるか。
トヨタがいくら技術的・環境的にも良かったとしても、もはやテスラに比べて”素晴らしい技術”ではなくなるのです。
これから、モデル更新、車台プラットフォームが増えていくにしたがって、
もの作り(ソフト、ハード)も、コト・サービスとともに更新必要な
タイミングのように聞こえます。
エネルギー会社を目指す上では、なおさら電池は重要。
時価総額
85.8 兆円

業績

Premiumを無料で体験
登録・ログイン