新着Pick
102Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
NYダウ、S&P500、ナスダックがともに久しぶりに史上最高値を揃って更新。S&P500に至っては7営業日連続で最高値更新。これは1997年以来のこと。先週の経済指標はISM製造業も、週末の雇用統計もマーケットにとっては居心地の良い、ちょうど良い感じの結果となった。当面は、最近の市場の懸念であったFRBの金融正常化に向けたスピード加速というテーマはお預けとなる。何故なら次回のFOMCは7/28に結果が出るが、それまで重要な指標はアップデートされないからだ。次回の雇用統計も、次回のISM製造業なども、次のFOMCの後に公表される。こうなると、市場では当面のリスク要因が払拭されて、米国株式相場は適温相場的な環境が継続しやすいだろう。
2日の米株式市場でのダウ平均は、6月の雇用統計が好調だったことなどから「前日比152ドル82セント高い3万4786ドル35セント」で取引を終えています。