新着Pick

テリー・ゴウ氏とTSMC、ビオンテックのコロナワクチン調達で合意=関係筋

Reuters
[台北 2日 ロイター] - 台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業の創業者、郭台銘(テリー・ゴウ)氏と台湾積体電路製造(TSMC)が、米ファイザーと独ビオンテックが共同開発した新型コロナウイルスワクチンをそれぞれ500万回分購入することで初期の合意に達したことが2日、複数の関係筋の話で明らかになった。
67Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
独ビオンテックは2020年3月、ファイザーより先に中国製薬大手の上海復星医薬集団と「中国」におけるmRNAワクチン開発と商業化について契約したと公表していた。しかし最近になって、上海復星は台湾やマカオを含む「大中国市場(Greater China Market)」でビオンテックとmRNAワクチンを開発・商業化すると発表し始めている。こうしたことが、ビオンテックの研究開発したmRNAワクチンを台湾において流通できない背景として指摘されている。ビオンテックの拠点はドイツなので、ドイツ政府もこの問題解決にあたると報じられていた。テリーゴウ氏とTSMCが500万回分を「個人輸入」し、台湾で無償で配布するといった立て付けにするのだろうか。それなら中国側もビオンテックに対して契約違反を突き付けられない、という整理になるんだろうか。実際にワクチンが台湾で流通し始めるまで予断できない。上海復星はビオンテックとともに中国国内で年に10億回分(!)も量産予定なので、それとの兼ね合いも気になる。

(参考)「大中国市場」という台湾排除の論理
https://toyokeizai.net/articles/-/436662?page=3
この2社無くして世界のハイテク産業が成り立たないというグローバル企業故の交渉力。特にTSMCについては半導体不足の中で優先して供給してもらう為に、アップルがmRNAベースのワクチンの確保に協力することも交渉材料となっていたはず
2300万人の人口しかもっていない台湾ではワクチンの開発にはコスト的に難しいです。
購入するのはもっとも簡単です。
大陸からかなり優先的に調達できます。
台湾のワクチン確保問題。台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業の創業者、郭台銘(テリー・ゴウ)氏とTSMCが、米ファイザーと独ビオンテックが共同開発した新型コロナウイルスワクチンをそれぞれ500万回分購入することで初期の合意に達した、とのロイター通信の報道

業績

業績

業績