新着Pick
839Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本の人の睡眠時間は、世界的にみて非常に少ないことで有名です。

OECD(経済協力開発機構)が2018年に発表した国際比較で、日本の睡眠時間は「7時間22分」。ワーストを記録しました。

その日本から出てきたのが、睡眠データを徹底的に活用しようという、アクセルスターズ。東大医学部発の生まれたてのスタートアップです。

コア技術を開発するのが、睡眠研究で世界が驚く発表を続ける上田泰己教授です。

アクセルスターズのコア技術は、ウェアラブル端末に搭載する「頭脳」、アルゴリズム。

この技術で間もなく特許を取得するとのことですが、これはかなり面白い展開になるのではないかと思います。

例えば、アップルウオッチなどの消費者向けウェアラブル端末で、医療機器レベルまで睡眠の計測能力をあげようと思ったら、アクセルスターズと提携してこの「頭脳」を借りるということになります。

実際、消費者向け製品に搭載する話が進んでいて、近いうちに私たちの目に触れることになるようです。

この知財の話はとても拡張性があり、製薬業界を巻き込んで医療の現場で使われていくという未来にはワクワクします。睡眠は体のデータの宝庫、解明がどんどん進んでいって欲しいです。
日照時間の長短や騒音で鬱になる確率がちがうのであれば、人間の体と共に、外部環境を把握する装置が必要かも。日本固有の気候に基づいた睡眠の質を高められるアドバイスが欲しいですね。

熱帯夜で眠りにくい場合はどうすればいいか。クーラーの効きすぎで、体が冷え切って病気に鳴るのを防ぐにはどうすればいいか。この分野の深掘りはおもしろそうです。
おー、社長の宮原くんはリクナビの時の同志!
大らかな人柄と、孫さんにも認められた実力で、この世界を切り開いてほしい!
上田先生は私の所属する学科の兼担もされていて,このあたりの話は卒論や修論でいろいろと聞いていたのですが,実際にこんな感じで展開されているのですね.コメントされている方もいますが,医学的な見地から,推定したい眠りの精度がFitbitなどで求められるものよりもかなり高いということでした.

このコロナ禍で,国際会議などにZoom出でるときの最も厄介なのが時差だなぁと気づいたのですが,こういうテクノロジーで上手いこと自分の睡眠リズムをコントロールしてもらえると,参加しやすくなるかもなどと思いました.

余談ですが,最後の方にある「久留米市は、既に実証実験の契約をしている」の部分,上田先生は久留米の高校出身だったので,地元と上手くつながっているんだなぁと思いました.
睡眠の質に拘ることはよく取り上げられるし,我々の関心もそこにあるのは,間違いない.
しかしそれは,これまで睡眠時間と活動時間の因果関係のみならず,睡眠そのものを十分に科学として捉えてるだけの知見が身近に感じていなかったことにもあるように感じる.
このような記事を通じて,我々一般人が病との因果関係についての研究を目にすることで,単に睡眠の質を考えるだけでなく,年を重ねたときのリスクや活動時間についての捉え方がアップデートする様に思われる.
つまり何が言いたいかというと,こういう研究,僕は好きですということ.
DeepTechもSleepTechも関心のある分野。個人的にはGarmin(左右一つづつ)とOura Ringを普段から着用し、データを眺めているが、確実に意識しないとするとでは睡眠の質や運動量、強度などへのアクションが変わっており、良い影響を与えていると思う。まだ、各社の強み弱みによりデータやパーソナライズされたアドバイスなどに差は見られるが、今後の更なる進化に期待しつつ、注目していきたいと思いう
ディープテックは個人的にとても興味ある分野。
毎日必ず5時間以上は皆平均して寝る。しかし、それは生まれた時から当たり前すぎて、そこに何か改善図ろうとは思わないし思えない。
睡眠が質の良いものになれば、毎日のパフォーマンスは劇的に改善する。

普段当たり前に行なっている事は、無意識な行動であるために、そこに何か課題があるとは思えなくなる。
この睡眠こ話問わず、当たり前を疑う事はとても重要な視点。

toBに特化して、働く人の睡眠を改善できるアプローチがあれば、新たなニーズを掘り起こせるかもしれない。
この技術が消費者向けのウェアラブルデバイスで実装される頃にはどれくらいの価格で提供されるか気になります。解説されているように、確かに今使っているデバイスは覚醒を捉える精度がイマイチだと感じています。
根本的に人間がが抱える課題解決とビジネスとしてどう成立させるかをどういう時間軸で考えるかに経営力が試されそうな領域。課題前提に疑いの余地はなく面白そうです!!
んー起きてるか、寝てるかだけしかわからないのにそこまで色々わかるかな

でもこのくらい頭の悪い物のほうが、分かりやすいし資金も賛同も集まりそう。
この連載について
人生の三分の一を費やしている睡眠。そこには健康、病気にまつわるデータが眠っているとされながら、科学的に解明されていないことが多いのも事実だ。今、睡眠で何がどこまで分かるのか、日米・最先端のスリープテクノロジーに迫る。
Premiumを無料で体験
登録・ログイン