新着Pick
260Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
三菱グループは6年で社長を代わる例が多いと思いますが、三菱電機は4年で交代しています。杉山社長はまる3年経ったところなので、1年弱残しての退任になります。今回の不正は、まさに言い逃れができず、組織のダメージを少なくする意味でも、スッパリとトップが交代した方がいいと判断したのでしょう。三菱電機に期待するのは、会見をもっと柔軟に頻繁に開き、説明責任に前向きになることです。不祥事が起きてもまったく会見を開かず、開いたと思ったら、いきなり社長が辞めるというのは、今の時代には似合わないと思います。

2014年まで社長を務めた山西健一郎氏は「なぜ4年で代わるのか」と聞かれて次のように答えています。少し意地悪かも知れませんが、紹介します。

「私の体感としては、4年任期の社長が続くようになった頃から、三菱電機は「風通しのいい組織」になり、業績が伴ってきているように思います。現場が自ら問題点を見える化し、真の原因追求をして、解決策を導き出す「カイゼン活動」には、「風通しのいい組織」が大前提ですから」

https://president.jp/articles/-/24242?page=1
潔い判断だが、空調は社長の管掌だったかな?
改ざんデータは悪質だが、それで問題無いなら、そうすればよかった。
問題は、ウソつき、ということ。
それにしても、指名委員会等は、どうしていたのだろうか?
そもそも、期待してはいけないのか。
(追記)取締役についても今後辞任する人が出てくる可能性があるとのことです。杉山社長が辞任を決めたのは昨晩とも。

(オリジナル)今まさに会見中です。
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC022L50S1A700C2000000/

三菱電機の杉山社長は会見で辞意を表明しました。
問題の本質が何も変わらなそう。

社長の引責辞任が会社組織のトカゲの尻尾切りに見えました。
引責辞任よりも説明の方重要では?新しい社長の方が調査が進むなら良いが、そんなことも無いだろう。何か言い訳のしようもないから、とにかく早く世論を収めたいというようにみえる。あまり本気感は感じないので、企業ブランドの回復は遅くなるのでは。
どんなに立派な制度や機関を作っても、そこに「再発を防ぐ」と言う強い信念、
「人は業績と昇進に弱い」と言う性弱説、「外部とは内部のしがらみがないから外部と言える」心意気、そして顧客に対する契約違反はリスクが火だるま的に負債となるリスク意識がなければ、いずれより大きな爆弾となる。

10年前に電子システム事業部門がミサイル設計や衛星関連などの契約料金を水増し請求したことに関して、指名停止処分を受けた。その直後の監査委員会やリスクマネジメント委員会で「他の事業や業務でも類似の現象はないか?今の時期に申告すれば責任は問わないが、それ以降に発覚したら責任を問う」と毅然とした態度で社外取締役が前面に出て、ガバナンスリーダーシップを採っていれば今回みたいなことにはならなかったと思う。

社外の意味は「これまでの組織慣行に関わっていない」そこに存在価値がある。
車輌ですか、伊丹製作所なども関連するとなるとただ残念です。

岩崎弥太郎も雲の上で泣いているでしょうか。。
社長がサラリーマンの上がりのポジションなのは分かりますが、不正≒辞任でないと怒りが収まらない面々は何とかならないものか。
三菱電機の不正は社長の責任というより、組織的な問題でしょう。
35年隠し続けた事を明らかにした、今のその体制は素晴らしいこと。
悪いことはすぐに発表する事は当たり前のような事なんだけど、それを隠し続けて発表するまでのプロセスでたくさんの対話をしたのだろう。ライフインフラを担う組織にこそ、正しさをいつも追究したいところです。
三菱電機株式会社(みつびしでんき、英語: MITSUBISHI ELECTRIC Corporation)は、日本の大手総合電機メーカーであり、三菱電機グループの中核企業。同社は、1921年(大正10年)1月15日に三菱造船電機製作所(神戸)から分離独立する形で設立された。日経平均株価およびTOPIX Large70の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
3.06 兆円

業績