新着Pick

中国版ZARA「SHEIN」の1日売上高77億円突破

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア
82Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
新疆綿で外国のブランドは中国と決別しているようで、
中国地元のブランドに市場を譲っていると思います。
人気 Picker
中国ファストファッションのSHEINは2008年に創業され、南京を拠点としております。
また、同社はターゲット層をZ世代に絞っており、インスタグラムやTikTokのインフルエンサーを通じて若者たちを引き付け、低価格の衣料品に大量に割引コードを提供しています。


そして、2020年総売上高が100億ドル(約1兆200億円)で8年連続で100%以上の成長を遂げており、アパレル分野で中国で最も売上が大きい越境ECになっております。

お洒落なデザインのサイトで海外でも深く浸透しており、中国発のサービスと気付かずに利用しているユーザーも多いとのことです。
ちょうど先日下の娘(12歳)にせがまれてSHEINで買い物したところなので、この売り上げに貢献したことになります。Tiktokで話題らしく、「このアイテムはレビューでも高評価だった」などと言いながら選んでいました。届いてみたらさすがの低品質で、「もう買わない」と申しております。上の娘(15歳)にも「そういう安易な消費が環境を破壊するんだよ」などと説教されていました。低価格、低品質、大量消費という、サステナビリティ路線とは逆行する動きであるように感じます。
シンガポールでも最近都心のビルボード広告をハイジャックしている、珍しく中国発で西側諸国含め世界で人気化しているファッションブランドユニコーン。

業績

Premiumを無料で体験
登録・ログイン